栄養科

 栄養・食事の偏りは,生活習慣病等の疾病を引き起こす要因となり,栄養不良は病後の回復に影響を及ぼします。適切に食事をとることは,病期からの回復にとても重要です。栄養科では,安全でおいしい,患者さんひとりひとりの病状にあった病院食を提供しています。

 また,この病院食が在宅での健康回復につながる生きた教材として活用いただけるよう,栄養・食事相談等の提案をしています。

 入院時には,患者さんの栄養状態を評価し,栄養管理計画書を作成します。個々の栄養状態に応じて再評価を行い,積極的な栄養管理が必要と判断した患者さんには,管理栄養士,医師,看護師,薬剤師等の医療スタッフが連携したNST(栄養サポートチーム)において,専門的な栄養管理を行います。

栄養事務室・調理室風景

スタッフ(栄養管理)写真

スタッフ(栄養管理)

スタッフ(給食管理)写真

スタッフ(給食管理)

温冷配膳車写真

温冷配膳車

スチームコンベクションオーブン写真

スチームコンベクションオーブン

 食事の提供においては,適時・適温をはじめ,医療安全対策や感染防止対策に努め,質の高い食事の提供や献立の改善に取り組んでいます。

入院時の食事療養

栄養管理

食事療法コラム

食事パンフレット

栄養サマリ

 食べるを支える 地域連携に向けた「栄養サマリ」の運用を開始しました。

 嚥下障害や消化器疾患、低栄養などがあり退院後の生活に支援が必要な患者さんに対し、当院から転院先の施設や訪問看護ステーション、医院などの在宅に向けて、栄養や食事についての情報提供を行っています。

 提供内容は、入院中の食事の形態や種類、水分のとろみの有無などです。また、患者さん個々の医療・介護サービスや生活スタイルを考慮して、当院の栄養、食事管理の内容が後方支援に役立てられるよう、実践しやすい内容でお伝えすることを心がけております。

 栄養サマリ等の、お問い合わせについては地域医療連携推進室が承っております。

病棟担当制

 管理栄養士が病棟を担当し患者さん個々の栄養や食事の支援にあたります。

 当院では管理栄養士の病棟担当制を実施しています。入院時の栄養スクリーニングに始まり、個別の栄養計画、病院食の食事相談に加え、生活の場に帰るための退院指導を行っています。そして、地域との連携を繋ぐための退院前カンファレンスに参加し、地域との前方支援や後方支援を視野に入れた情報共有を医師や看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、医療ソーシャルワーカーと共に行い、患者さんのQOLの向上に努めています。

病院食試食会

 糖尿病食試食会を定期的に実施(料金、開催時期などの詳細は院内に掲示)

 

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ