糖尿病教室

糖尿病教室とは?

 今や日本の成人の約5人に1人が糖尿病患者および予備軍であり,その数は全国で2,050万人にものぼると考えられています。(「H24年国民健康栄養調査」重点調査項目結果より)

 糖尿病は古くから知られている病気ですが,最近の増加は食生活の変化や運動不足,ストレスの増加といったものと無縁ではありません。

 糖尿病は,特にどこが痛いわけでもなく,合併症が進むまでなかなか症状がでにくいので,放っておいたり,いい加減な治療のみですませたり,また治療を勝手にやめてしまう方も少なくありませんが,療養を怠ると数多くの恐ろしい合併症が現れる厄介な病気です。その反面,適切な治療を続けていれば,健康な人と変わることなく生活することができます。どちらになるかはあなた自身にかかっています。

 糖尿病治療の目標は,「糖尿病をコントロールすることで,合併症を抑え,健康的で充実した社会生活を送れるようにすること」です。具体的には「血糖を良くコントロールし,適正な体重を保ち,これを続けること」です。そのためには,医師や保健師,看護師,栄養士,歯科衛生士,薬剤師,理学療法士らだけでなく,患者さん自身が積極的に治療に取組み,自己管理を行うことが最も大切です。

 そこで京都市立病院では,患者さんの自己管理の手助けとなるように,糖尿病教室を開催しています。「今さらそんなこと」なんて思わずに,一度来てみませんか?

 糖尿病についての正しい知識を持って,糖尿病とゆっくり一生,仲良くつきあっていきましょう。

(教室風景)

教室風景1 教室風景2

日時

毎月第3木曜日(原則) 午後3時~午後4時

場所 北館7階ホール1(大ホール)
途中の回から参加していただいても大丈夫です。

新型コロナウイルス流行の状況を踏まえ,現在,開催を見合わせております。
今年度につきましては,以下をご覧ください。

今年度の糖尿病教室について

 当院では,例年市民の皆さまをお招きして糖尿病教室を開催しておりましたが,新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し,今年度の糖尿病教室については,WEBによる教材の提供に代えさせていただくこととしました。
 皆様に,ご自宅で安全に糖尿病に関する知識を得ていただくための教材としております。月に1度更新させていただきますので,お役立てください。

 ・7月の教材はこちら
 ・8月の教材はこちら
 ・9月の教材はこちら

 ・10月の教材はこちら

 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ