肥厚性幽門狭窄症

肥厚性幽門狭窄症について

 胃の出口には幽門筋という括約筋があり、胃の中に入ってきた食べ物を一定時間とどめてから小腸へと流すことで、消化をしやすくします。肥厚性幽門狭窄症では、この幽門筋が異常に分厚くなりミルクが全く流れなくなってしまいます。それまで元気にしていた赤ちゃんが急にミルクを吐くようになります。赤ちゃんは何度も吐くのですが、お腹が満たされないために、吐いたそばからミルクを欲しがるという非常に酷な病気です。生後3週間から2ヶ月頃までに多く見られます。

治療法について

 治療法には、手術療法と保存療法(アトロピン療法)とがあります。保存療法は、①治療効果が現れるまで1週間前後かかりその間ミルクを飲むことができない、②治療効果が一定でなく効果がなければ最終的に手術となる、③薬の副反応などの問題があるため、当院では手術療法を行っています。

 手術には開腹手術と腹腔鏡手術があります。開腹手術の場合、皮膚切開には2つの方法があります。当院では、術後の傷痕が目立たないようにするために、腹腔鏡手術もしくは臍輪切開での開腹手術を行っています。

術後の経過

 手術の翌日から哺乳が可能となります。少量から開始しますが、大体1〜2日で普段と同じ量が飲めるようになります。順調に経過すれば術後2~4日で退院が可能となります。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  FAX:075-321-6025(代)

TEL:075-311-5311(代)
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)・土・日・祝 / 午後2時~午後4時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ

  • ※ 当院は、敷地内全面禁煙です。
  • ※ 携帯電話は、使用を禁止する表示のある場所では、電源をお切りください。
  • ※ 病院内での写真や動画の撮影、録音、SNS等への投稿はご遠慮ください。