総合外科(消化器外科・小児外科)

基本診療方針

  1. 診療ガイドラインに準拠しつつ、幅広い選択肢から患者さん個々に最適の治療方針を提示します。
  2. 安全性・確実性を担保しながら、できるかぎり低侵襲でQOLを重視した治療方法を選択します。
  3. 高度急性期病院の外科としていつでも緊急手術に対応できるよう休日夜間待機態勢を維持します。
  4. 頻回で綿密な情報共有を行い、主治医/担当医制とスタッフ全員の目による診療体制を両立します。
  5. 消化器疾患に関しては「消化器センター」として消化器内科と統一した方針の下に診療を行います。
  6. 多診療科・多職種でのカンファレンスやクリニカルパスを通じて質の高いチーム医療を実践します。
  7. 個々の患者さんが住み慣れた地域で暮らし続けられるよう病院からのシームレスな移行に努めます。

医師紹介

院長 もりもと たいすけ
森本 泰介
一般外科・消化器外科・肝臓外科
日本外科学会外科専門医(指導医) 日本消化器外科学会消化器外科専門医(指導医)
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医 日本がん治療認定医機構暫定教育医 日本医師会認定産業医
外科・小児外科部長
(診療部担当部長)
やまもと えいじ
山本 栄司
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医(指導医) 日本消化器外科学会消化器外科専門医(指導医)
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 日本医師会認定産業医
総合外科部長 さとう せいじ
佐藤 誠二
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医(指導医) 日本消化器外科学会消化器外科専門医(指導医)
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医 日本内視鏡外科学会技術認定医
ダヴィンチCertificate Fellow of American College of Suregeons
日本内視鏡外科学会評議員 日本胃癌学会代議員 日本食道学会選挙評議員
消化器外科部長 まつお こういち
松尾 宏一
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医
副部長 かみ かずひろ
上 和広
一般外科・消化器外科
医長 もり ともひこ
森 友彦
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医(指導医) 日本消化器外科学会消化器外科専門医(指導医)
日本がん治療認定医機構暫定教育医・がん治療認定医 日本乳癌学会認定医
医長 たまき のぶゆき
玉置 信行
一般外科・消化器外科 
日本外科学会外科専門医 日本消化器外科学会消化器外科専門医
医長 いのうえ ひでのぶ
井上 英信
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医
医長 くぼた とよなり
久保田 豊成
一般外科・消化器外科
日本外科学会外科専門医
医長 おくむら こういち
奥村 公一
一般外科・消化器外科 
日本外科学会外科専門医
医員 しょうの たかひと
庄野 孝仁
一般外科・消化器外科
専攻医 ますお あきひこ
増尾 彰彦
一般外科・消化器外科
専攻医 おおもり あつひと
大森 敦仁
一般外科・消化器外科
専攻医 うえだ ようこ
上田 容子
一般外科・消化器外科
専攻医 しおみ けい
塩見 慶
一般外科・消化器外科

外来担当医表

外来担当医表はこちら

受付は2Aブロックです。紹介患者さんには、待ち時間なしの予約診療を行っています。

お申込み方法など、詳しくは地域医療連携室のページにてご案内しています。

診療体制と概要

 スタッフは、院長をトップに、部長2名(外科・小児外科、消化器外科)、副部長1名、医長6名、医員1名、専攻医4名の合計15名の常勤医師と、小児外科非常勤医師1名(京都大学肝胆膵移植外科からの応援)からなります。  
 取り扱う主な疾患は、外科・消化器外科では主に、胃癌、大腸癌、食道癌、間質性腫瘍(GIST)、食道アカラジアなどの消化管疾患、および肝癌(原発性・転移性)、胆道癌、膵癌、IPMN、胆石症・胆嚢腺筋症やITP、脾機能亢進症など肝胆膵脾疾患の手術療法を行っている。併せて外傷、成人の鼠径・大腿ヘルニア、痔疾、下肢深部静脈血栓症などの一般外科診療も対象としています。虫垂炎、胆嚢炎、消化管穿孔、絞扼性イレウス、腸間膜動静脈血流障害など、いわゆる急性腹症の診療も積極的に行っており、地域の医療機関からの直接紹介に即応するとともに、救急(ER)からの連絡を受けて、あるいは院内他科入院中発症症例に随時迅速に対応できる態勢をとっています。  
 小児外科では、鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、臍ヘルニアなど短期滞在手術疾患を中心に診療し、そのほかの主要な小児外科疾患は、診断後大学と連携して治療にあたっています。  

診療実績

 2018年度の入院総数は1,411、その平均在院日数は10.2日でした。手術目的の患者さんが大半で、その他には悪性疾患に対する外来化学療法・分子標的治療導入時の初回治療時の入院、悪性疾患再発時の症状コントロール・終末期緩和ケア目的の入院等を受け入れています。2009年度から2018年度まで10年間の手術件数の推移を表1に示しています。2018年度の手術件数は1,000件で、このうち227件が緊急手術でした(22.7%)。代表的な疾患の手術件数を表2に示しています。消化管やヘルニアでは内視鏡手術が主体であり、2018年度の腹腔鏡手術割合は、胃癌についてはロボット支援手術を含めて98.0%と高率で、そのほか直腸癌で94.9%、結腸癌83.7%、虫垂炎98.2%、成人鼠径ヘルニア67.1%、小児鼠径ヘルニア42.4%となっています。肝胆膵高難度手術においては、ナビゲーションを用いた開腹手術が中心です。

表1 年間手術件数

表2 2018年度の主な手術件数 ( )内は内視鏡手術の件数

胃癌・食道癌 56(55)
大腸癌(結腸癌+直腸癌) 125(109)
肝胆膵癌 30(2)
胆石症 135(123)
ヘルニア(小児を含む) 185(116)
急性虫垂炎 112(110)

 

施設基準・学会認定

日本外科学会専門医制度修練施設 日本消化器外科学会専門医修練施設  

地域医療への貢献

 患者さんが病気をもちながらも住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けるためには、地域の医療機関(医科/歯科)・介護福祉関連施設・調剤薬局等との連携を密に行う必要がある。がんの術後の患者さんについても例外ではなく、地域連携手帳を用いれば二人主治医体制での共同診療が可能である。その為にも、実際に主治医となって手術を担当する医師が、日頃から地域の医療機関を訪問することによって顔の見える関係づくりに努めている。京都市南西地域の急性期医療を担う外科として、緊急手術を必要とする患者さんに対して、最前線でありかつ最後の砦となり得るように、今後も24時間体勢の診療機能を維持していきたい。

新規導入の診断・治療法

 2013年7月に手術支援ロボットda Vinci Siが配備された。外科が取り扱う疾患の中では、胃癌の手術において、ロボット特有の機能を用いることで従来の腹腔鏡下手術に比べてより精度の高い郭清が可能になるリンパ領域があることから、院内の臨床研究倫理審査委員会および倫理委員会の手続きを経て2014年2月より臨床に適用し、2019年3月までに44例のロボット支援胃癌手術を施行している。患者さんにとっては、内科的な治療からロボット手術まで幅広い選択肢のなかから、病態・病期に応じた最も適切な治療方法を選んでいただくことが可能で、セカンドオピニオンや治療を希望される患者さんを二次医療圏内にとどまらず広く受け入れて一緒に考えながら診療を進めていきたいと考えている。

 2018年4月から、総合外科の一専門外来として、静脈血栓症外来を開始した。下肢深部静脈血栓症は、がんや整形外科疾患をはじめとする様々な要因で発生し、適切に治療が行われなければ致命的な肺塞栓症を惹起しうる病態で、両者を合わせて静脈血栓塞栓症(VTE)と総称し、一般にはエコノミークラス症候群として知られる。当院で新たにVTEと診断される患者さんは年間200人を超え、循環器内科ですべてをカバーすることは困難で、入院中であればVTE対策チームが主治医の診療を支援している。一方、外来では、連携を密にしながら診療所など地域の医療機関と役割分担していくことが大切で、静脈血栓症外来がそのための窓口として機能することを目指している。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ