麻酔科

基本診療方針

  1. 周術期の安全(最優先)
  2. 緊急手術の迅速な受け入れ
  3. 疼痛のない快適な周術期の提供
  4. 患者への医療情報の提供と,患者の治療法選択権の尊重

医師紹介

部長 荒井 俊之
あらい としゆき
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医)
副部長 佐藤 雅美
さとう まさみ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医)
副部長 清水 文浩
しみず ふみひろ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医) 
副部長 平方 秀男
ひらかた ひでお
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 下新原 直子
しもにはら なおこ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 森島 史織
もりしま しおり
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 野口 英梨子
のぐち えりこ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 安本 寛章
やすもと ひろあき
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医 日本心臓血管麻酔学会専門医 日本集中治療医学会専門医
医長 堀 文香
ほり ふみか
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医長 深見 紀彦
ふかみ のりひこ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科認定医 日本救急医学会救急科専門医
医員 吉松 薫
よしまつ かおる
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医
医員 箕輪 麻友美
みのわ まゆみ
麻酔・周術期管理
医員 桐村 美穂
きりむら みほ
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科認定医 日本心臓血管麻酔学会日本周術期経道心エコー認定
専攻医 川合 健志郎
かわい けんしろう
麻酔・周術期管理
専攻医 成田 葉月
なりた はづき
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科認定医

診療体制と概要

当院では,緊急手術を含め,全身麻酔・脊髄くも膜下麻酔・硬膜外麻酔を必要とするすべての手術の麻酔を,原則として麻酔科医師が担当しています。

麻酔科医の仕事は,手術予定の患者さんが手術室に着かれてから始まるのではありません。前もって情報を収集し,それに応じて麻酔計画を立てます。特に合併症のない患者さんでも,緊急手術以外は,事前に麻酔科外来に来診いただき,麻酔科医(外来担当)が面談する中で,その方にあった麻酔法を考えます。患者さんの疑問にも、できるかぎりお答えします。各症例の麻酔担当医は、この情報とその後の検査結果や病状の変化を考慮して、麻酔計画を決定します。

術前の絶食は必要ですが,消化器以外の手術の方では,手術室入室の3時間前までは,水は飲んでも良いようになり,手術前の口渇や空腹感は以前ほどではなくなりました。そして,歩ける患者さんには歩いて手術室に来ていただきます。

麻酔法は,予定手術と患者さんの合併症などにより,全身麻酔,全身麻酔と硬膜外麻酔,脊髄くも膜下麻酔などから選択されます。術後の疼痛は,手術の種類により特別な対策が必要なものとそれほどではないものがありますが,必要な場合には硬膜外麻酔,鎮痛薬の持続静注法などにより除痛をはかっています。術後の合併症の予防・治療にも,麻酔科医は手術担当診療科の医師に協力してあたります。

診療実績

2015年度麻酔科管理症例は2,794例でした。2015年度の手術部位別症例数(表1),麻酔法別症例数(表2)を次に示します。

表1. 手術部位別症例数 *は内視鏡手術を含む

手術部位 症例数
開頭 52
開胸・縦隔* 172
開胸+開腹* 31
開腹(上腹部)* 233
開腹(下腹部)* 1017
帝王切開 85
頭頸部・咽喉部 403
胸壁・服壁・会陰* 271
脊椎* 132
股関節・四肢 358
その他 33

表2.麻酔法別年間症例数

全身麻酔(単独) 1,273
全身麻酔(硬麻・神経ブロック併用) 1,127
脊髄くも膜下麻酔(硬麻併用を含む) 391

術後疼痛管理のため,全身麻酔に硬膜外麻酔や神経ブロックを併用する症例の比率が増えています。一方,周術期に抗凝固療法を要する症例も増加しており,このような症例では硬膜外麻酔や脊髄くも膜下麻酔が禁忌になるため,術中は全身麻酔で管理し,必要な場合は術後に経静脈的鎮痛法を用いています。

施設基準・学会認定

日本麻酔科学会認定病院

麻酔科術前診察

麻酔科術前診察は,手術の前日までに,手術室横の術前診察室で行っています。 まだ入院しておられない方は,手術を受けられる科の外来で受付をすませてからおいで下さい。すでに入院中の方には,順番が来たらこちらから病棟に連絡いたし […]

麻酔(全身麻酔・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔)を受けられる方へ

麻酔 とは 麻酔 は,痛みをなくし,手術による身体への負担から患者さんを守ります。 全身麻酔では意識もなくなり,また,人工呼吸も必要になります。麻酔中は,麻酔科医が患者さんの全身状態を監視して,必要な処置を行ないます。手 […]

麻酔の安全のためにご協力いただきたいこと

教えてくださいあなた御自身に,手術を受けられる病気やケガ以外に, 病気や常用している薬がある時は,麻酔科スタッフにお話し下さい。  あなた御自身や血縁で麻酔に異常反応があった方がある場合も,くわしいことを教えて下さい。 […]

肺の手術

 全身麻酔の中で,心臓と肺の手術の麻酔は特殊です。肺の手術で麻酔法が特殊なのは,肺が手術野になるため,普通の方法で人工呼吸ができないからです。  良く行われる方法は,2本の細いチューブでできた分離肺換気用のチューブを使う […]

麻酔科専門研修プログラム

☆詳細は29京都市立病院麻酔科専門研修プログラムをご覧ください。

ブログ

2014年6月まではこちら

2014年7月からはこちら

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ