小児科

I.基本診療方針

  1. 24時間小児科救急の受け入れ
  2. 専門性を生かした小児科診療
  3. 新しい知識・技術の導入
  4. 小児保健への積極的取組み
  5. 地域医療機関との連携強化

II.医師紹介

小児科専門医 血液専門医

副院長
(小児科)
くろだ ひろし
黒田 啓史
血液・悪性腫瘍 造血細胞移植

小児科専門医・指導医 日本がん治療認定医機構暫定教育医 がん治療認定医 血液専門医 
日本小児血液・がん暫定指導医 造血細胞移植認定医

部長
(小児科)
おかの そうぞう
岡野 創造
神経
小児科専門医・指導医 小児神経科専門医
部長
(小児科血液)
いしだ ひろゆき
石田 宏之
血液・悪性腫瘍 造血細胞移植 膠原病
小児科専門医・指導医 血液専門医・指導医 小児血液・がん学会専門医・指導医
造血細胞移植認定医 インフェクションコントロールドクター(ICD)
副部長 まつした ひろこ
松下 浩子
神経
小児科専門医・指導医 小児神経科専門医
副部長 あまや えりこ
天谷 英理子
代謝・内分泌・循環器
小児科専門医
副部長 ふじもと しんいちろう
藤本 慎一郎
腎臓
小児科専門医 腎臓専門医 日本医師会認定産業医
医長 たむら しんいち
田村 真一
血液・悪性腫瘍・造血細胞移植 アレルギー
小児科専門医 血液専門医 小児血液・がん専門医・指導医 
がん治療認定医 造血細胞移植認定医 細胞治療認定管理師
医長 ささき まさゆき
佐々木 真之
救急医療・集中治療
小児科専門医・指導医 救急科専門医 AHA PALS インストラクター JPLSインストラクター
日本DMAT隊員
医長 しおみ こずえ
塩見 梢
新生児・未熟児
小児科専門医 新生児蘇生法専門コースインストラクター
医長 やの みお
矢野 未央
血液・悪性腫瘍 造血細胞移植
小児科専門医・指導医 血液専門医
医長 ともやす ちひろ
友安 千紘
血液・悪性腫瘍
小児科専門医・指導医 血液専門医
専攻医 とうじょう りゅうのすけ
東條 龍之介 
小児科一般
専攻医 やまの あきお
山野 暁生
小児科一般

III.外来担当医表

小児科は2Dブロックの受付となっています。

 

 

午前

(一般
外来)

19診

矢野 

岡野

藤本

山野

田村

20診

天谷

石田

 黒田

石田

東条

21診

佐々木

松下

塩見

佐々木

岡野

22診

清水
(渡航ワクチン)

友安

矢野

天谷

(川崎病・循環器)

清水
(渡航ワクチン)

 

 

 

 

 

天谷

(心エコー)

午後

(専門
外来)

19診

藤本

(夜尿症・腎臓病)

 

 松下
(神経)

藤本
(夜尿症・腎臓病) 

 

20診

田村
(アレルギー)

石田(血液・移植・膠原病)

担当医
(予防接種)

天谷

(代謝・内分泌)

担当医
(乳児健診)

21診

黒田 (血液・移植・固形腫瘍)

岡野 (神経)

担当医
(予防接種)

岡野
 (神経)

担当医
(乳児健診)

22診

 

田村(血液・移植・固形腫瘍) 

天谷
(川崎病・循環器) 

友安
(アレルギー)

担当医
(乳児健診) 

IV.診療体制と概要

 京都市南西部の中核病院として,開業医さんや近隣病院との病診連携を保ちながら,小児科領域全般の診療に当たっています。小児科医が毎日当直して小児救急患者への対応を行い,重篤な患者に対してはICUでの人工呼吸器管理や循環補助療法も行っています。各専門分野では,上記以外に血液・腫瘍疾患神経疾患,腎疾患,代謝・内分泌疾患,アレルギー疾患,新生児・未熟児疾患を診療の中心に行っています。
 小児血液領域では,日本小児血液がん研究グループ(JCCG)に参加し血液・悪性腫瘍に対する化学療法や,難治性白血病や再生不良性貧血などの患児に対し血縁・非血縁者造血細胞移植(骨髄・末梢血幹細胞・臍帯血移植)を施行しています。JCCGのリンパ性白血病,移植委員会にも参加し臨床研究も積極的に行っています。神経領域では,てんかん患者を約400例治療しています。また,脳炎・脳症,神経筋疾患などの重症・難治疾患の診療も行い,近年では他大学や研究施設と協力して遺伝子検査による診断補助も行っています。腎臓領域では,ネフローゼ症候群以外にも,難治性腎疾患の検査・治療の一環として腎生検や透析も行っています。また,学校検診での二次精査を積極的に受け入れています。内分泌・代謝領域では低身長,甲状腺疾患,インスリンポンプ療法を含めた糖尿病の治療を行っています。アレルギーでは100回を超える食物負荷試験を行い,緩徐な経口免疫療法も行っています。また,京都府の新生児搬送システムの一員として未熟児・新生児医療にも取り組み,NICU部門で人工呼吸器管理も行っています。なお,先天性心疾患や消化器疾患のため外科的手術が必要な場合は,関連病院と連携を取り加療を行っています。 
 小児保健分野では,院内保健師や関係施設と連携しながら発育発達に問題のある児の健診にあたっているほか,基礎疾患やアレルギ-のある児の予防接種相談に応じています。

V.診療実績

 

2014年

2015年

2016年

2017年

2018年

 入院患者数

1,247人

1,206人

1,332人

1,240人

1,346人

 平均在院日数

6.1日

6.8日

6.6日

6.5日

6.6日

 1日平均外来患者数

59人

71人

79人

79人

78人

2018年度 救急搬送 844台/年

2018年度の入院疾患

 

2018年度の領域別の主な新規入院患者数 ・検査件数

感染症: 菌血症 11名(肺炎球菌 5,溶連菌性筋膜炎 1,人工血管置換後MSSA菌血症 1名,など)化膿性関節炎 2名,骨髄炎 3名
救急・集中治療: ICU入手者 6名,人工呼吸器管理(挿管) 5名,観血的循環補助 2名,動脈圧測定 4名(PIM IIによる予測死亡率 42.6% 実死亡率 16.7%)
血液・腫瘍: 急性白血病・骨髄異形成症候群・悪性リンパ腫 9名(新規 6名,再発 3名,造血細胞移植 2名),特発性血小板減少性紫斑病 3名,
神経: てんかん・熱性けいれん以外のけいれん疾患 50名,脳炎/脳症 2名,神経筋疾患 6名
腎臓: ネフローゼ症候群 7名,腎生検 4名,上部尿路感染症 37名
未熟児・新生児: 低出生体重児 29名,人工呼吸器管理(挿管) 13名,新生児搬送 12名
川崎病: 50名
代謝・内分泌: 甲状腺機能亢進症 2名,低下症 5名,成長ホルモン負荷試験 8名
アレルギー: 食物負荷テスト 141回
炎症性腸疾患: 2名

VI.施設基準・学会認定

小児科学会専門医研修施設小児科学会専門医研修支援施設,小児神経専門医研修認定施設,血液学会専門医研修施設,骨髄移植推進財団認定施設

後期研修を考えている方々へ 平成29年度から小児科専門医研修は,京都府立医科大学小児科のプログラムで行うことになりました。当科では,小児科専門研修に重要な一般感染症から難治性血液疾患や神経疾患まで,幅広く疾患を経験することができます。また,経験症例の発表や論文化の機会も大事にしています。詳しいお問い合わせは,病院事務局を通して岡野部長までご相談ください。 ※ 京都府立医科大学小児科専門医研修プログラムは,こちらから。

VII.地域連携への取り組み

 病院主催の「地域医療フォーラム」に参加するとともに,周辺の小児科医療機関と連携した「京都西南部小児科地域連携の会」を,年2回開催しています。 この会では,症例カンファレンスと毎年テーマを変えてレビュー講演を行っています。 

VIII.院内学級「わかば」の設置

 平成25年4月 京都市立病院小児科病棟内に,京都市立鳴滝総合支援学校の分教室が開設されました. 長期入院が必要なお子さまにも,治療を受けながら学校教育が受けられるように配慮しています。  

※ 開設式の様子はこちら

 「わかば」と名付けられたこの教室は,太陽の光が差し込むとても明るい雰囲気の教室です。担当の教員が常駐し,学習をサポートする体制が整っているため,病気療養中の子どもたちも安心して学ぶことができます。 2018年度は13名(小学生11名,中学生2名)の子供たちが病気の治療を行いながらも,「わかば」で楽しく学んでいいただきました。

院内学級「わかば」の様子1 院内学級「わかば」の様子2 院内学級「わかば」の様子3

IX.その他

 四季折々に院内でささやかながら行事を行い,時には病院にスポーツ選手に慰問に来て頂いたり,手品などの催しも開催しています。また,血液疾患を中心とした長期入院患者さまの付き添いの保護者の皆様に向けに,ストレッチ体操・お茶会・患者保護者会なども開催しています。

X.当科の医員が筆頭の学会発表、論文

2017

論文

学会発表

 

2018

論文

学会発表

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ