リハビリテーション科

リハビリテーション室

方針

 脳卒中発症直後,人工関節や脊椎手術後,がん治療による外科手術後,急性期に特化したリハビリテーションを提供します。また,各診療科からの依頼にも早期にリハビリテーションを開始します。さらに医師や看護師とカンファレンスを行い,最適な医療を提供します。

医師紹介

部長 ただ ひろし
多田 弘史
脊椎外科
日本整形外科学会専門医 日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医

診療疾患

運動器疾患
人工関節術後・脊椎疾患術後・骨折など
脳血管疾患
脳梗塞・脳出血・脳腫瘍・パーキンソン病・多発性神経炎など
呼吸器疾患
慢性閉塞性肺疾患・肺炎・外科術後など
心大血管疾患
心筋梗塞・心不全・閉塞性動脈硬化症など
がん関連疾患
頭頸部がん,食道がん,縦隔腫瘍,肺がん,胃がん,乳がん,血液腫瘍など

診療内容

 運動器疾患,脳血管疾患,呼吸器疾患,心大血管疾患,がん関連疾患を対象にしています。

 リハビリテーション科専門医のもと,理学療法士17名,作業療法士5名,言語聴覚士4名が各診療科と連携して機能回復ができるようにサポートします。

 理学療法では,身体機能が低下した方や,障害が残存した方の残存機能を活かし,移動や歩行などの基本動作の獲得を目指します。また,循環器疾患では,心電図モニターや自転車エルゴメータ等の心臓リハビリシステムが設備されたスペースを活用し,安全に効率的に行える運動療法を実施しています。また,退院後の心疾患の再発や再入院予防のため,外来集団リハビリにも力を入れています。

リハビリ風景1

作業療法1 作業療法2 リハビリ風景2 作業療法3

 作業療法による生活動作訓練では,道具の使用や環境整備により,生活動作の獲得を目指します。さらにレクリエーションなどの活動を行い身体機能の回復を図ります。

 

 言語聴覚療法では,言語障害(失語症や構音障害),高次脳機能障害,摂食嚥下障害に対して評価や訓練を実施します。医師とともに嚥下内視鏡検査,嚥下造影検査を用いた嚥下評価も実施します。

言語聴覚療法1 言語聴覚療法2

外来集団リハビリ

ロッカーが設備され,運動着へ着替えるスペースがあります。

 

体重・血圧測定,問診記入を行い,医師による健康チェックを行います。

 

ウォーミングアップを行い,運動の準備をします。

 

レジスタンストレーニングを行い,筋力アップを目指します。

 

エアロバイク等の有酸素運動を行い,体力向上を目指します。

 

クールダウンを行い,運動疲労の影響を取り除きます。

 

また,定期的な評価でリハビリ効果を確認します。

①握力測定

②下肢筋力測定

③全身持久力測定

④問診表記入

 

資格取得

より専門的,包括的に治療ができるよう各資格の取得に努めています。

認定理学療法士,認定作業療法士,がん患者リハビリテーション研修,三学会合同呼吸療法認定士,心臓リハビリテーション指導士,呼吸ケア指導士(初級),日本糖尿病療養指導士,リンパ浮腫療法士,介護保険支援専門員,福祉用具プランナー,福祉住環境コーディネーター2級,日本転倒予防指導士

 

所属チーム

リハビリ科の専門性を各チームで活用しています。

呼吸サポートチーム,栄養サポートチーム,感染対策チーム,フットケアチーム

カンファレンス参加

患者様の支援方法を検討しています。

脳卒中センター,整形外科,血液内科,循環器内科,外科,神経内科,ケースカンファレンス104件(H30年度)

 

実習指導活動

知識,技術を地域へ提供しています。

糖尿病教室,腎臓病教室,出前講座,市民公開講座,教育施設非常勤講師

 

学術活動

自己啓発や学術の発展に努めています。

学術大会延べ29参加,学会発表13演題(H30年度)

 

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ