肺がんの病期

 肺がんと診断された際に,「どの程度がんが進んでいるか」を表すのが病期(ステージ)です。

 病期は,腫瘍本体の状態(T因子),リンパ節への転移状態(N因子),肺の外への転移状態(M因子)の3つをもとに決められます。

 病期を決定するため,CTMRIPET-CTなどの検査が行われます。

 

T因子

 腫瘍本体の状態に応じてつけられます。主に大きさで決まりますが,他臓器への浸潤具合,無気肺・閉塞性肺炎の有無,副腫瘍結節の有無などでも変わります。

N因子

 リンパ節への転移状態に応じてつけられます。腫瘍の所属リンパ節への転移の有無などによって変化します。

M因子

 原発肺以外への転移の状態に応じてつけられます。対側肺や他臓器(脳,肝臓,副腎,骨など)への転移の有無,悪性胸水や胸膜播種の有無などによって決まります。

 

 

TNMの分類から表を使って病期を決定します。

T因子/腫瘍本体の状態

Tis 上皮内癌(carcinoma in situ):肺野型の場合は,充実成分径0cmかつ病変全体径≦3cm
T1 充実成分径≦3cm
 T1mi  微小浸潤性腺癌:部分充実型を示し,充実成分径≦0.5cmかつ病変全体径≦3cm
 T1a  充実成分径≦1cmかつTis・T1miに相当しない
 T1b  充実成分径>1cmかつ≦2cm
 T1c  充実成分径>2cmかつ≦3cm
T2

充実成分径>3cmかつ≦5cm

主気管支浸潤,臓側胸膜浸潤,肺門まで連続する部分的または一側全体の無気肺・閉塞性肺炎

 T2a  充実成分径>3cmかつ≦4cm
 T2b  充実成分径>4cmかつ≦5cm
T3

充実成分径>5cmかつ≦7cm

壁側胸膜,胸壁,横隔神経,心膜への浸潤

同一葉内の不連続な副腫瘍結節

T4

充実成分径>7cm

横隔膜,縦隔,心臓,大血管,気管,反回神経,食道,椎体,気管分岐部への浸潤

同側の異なった肺葉内の副腫瘍結節

 

N因子/リンパ節転移

N1 同側気管支周囲,同側肺門,肺内リンパ節への転移
N2 同側縦隔または気管分岐部リンパ節への転移
N3 対側縦隔,対側肺門,前斜角筋,鎖骨上リンパ節転移

 

M因子/遠隔転移

M1 対側肺内の副腫瘍結節,胸膜または心膜の結節,悪性胸水,悪性心嚢水,遠隔転移
 M1a  対側肺内への副腫瘍結節,胸膜結節,悪性胸水(同側,対側),悪性心嚢水
 M1b  肺以外の一臓器への単発遠隔転移
 M1c  肺以外の一臓器または多臓器への多発遠隔転移

 

病期(Stage)分類

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ