泌尿器科

基本診療方針

1 尿路生殖器がんの診断治療において地域がん診療連携拠点病院としての役割を担う

2 高齢化社会に伴い増加している泌尿器科疾患に対する地域の要望に応える

医師紹介

部長 せがわ たけひこ
清川 岳彦
泌尿器科がん,前立腺がん,泌尿器科手術一般,腹腔鏡手術,
ロボット支援手術

京都大学泌尿器科臨床教授
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医
ダヴィンチ手術支援ロボットプロクター(指導者)認定医
ダヴィンチ手術支援ロボットコンソール術者認定医

副部長 にしかわ のぶゆき
西川 信之
泌尿器科手術一般
日本泌尿器学会専門医・指導医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本排尿機能学会認定排尿機能専門医
ダヴィンチ手術支援ロボットコンソール術者認定医
医長 ますだ のりひこ
増田 憲彦
泌尿器科手術一般,泌尿器内視鏡手術
日本泌尿器科学会専門医・指導医
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
ダヴィンチ手術支援ロボットコンソール術者認定医
医長 むらしま たかや
村嶋 隆哉
泌尿器科手術一般
日本泌尿器科学会専門医
ダヴィンチ手術支援ロボットコンソール術者認定医
医員 まきた のりゆき
牧田 哲幸
泌尿器科手術一般
ダヴィンチ手術支援ロボットコンソール術者認定医

外来担当医表

外来担当医表はこちら

取り扱う主な疾患

 泌尿器科領域の悪性疾患(腎がん,副腎がん,腎盂がん,尿管がん,膀胱がん,尿道がん,前立腺がん,精巣がん,陰茎がんなど)を代表とし,良性疾患(副腎腫瘍,前立腺肥大症,尿路結石症,骨盤内臓器脱,尿失禁,尿路感染症,排尿機能障害など)を含めた泌尿器科疾患を幅広く取り扱っています。

得意分野

 当院の泌尿器科は,前立腺がん,腎がん,膀胱がんを代表とする尿路生殖器がんと前立腺肥大症,尿路結石症を代表とする泌尿器科“Common Disease”の診断治療に重点を置いています。これら疾患ごとの診療の特徴を記します。

1 前立腺がん

 2012年の前立腺がん手術に関する保険収載を受け,2013年,他施設に先駆けダヴィンチSi手術支援ロボットを導入しました。ロボット支援手術はその高解像度3次元拡大視野と精緻な手術動作によって,前立腺がん手術に要求される「根治性」と「機能温存」を両立させることが可能で,経験の深さ,多彩さがその実現に力を添えます。当科では,500 例以上のロボット支援手術の経験を活かし,2019年度より全国から手術見学を受け入れ指導する「泌尿器科ロボット支援手術 模範チーム」に認定されました。京都で唯一のチームです。
 2020年からは,2代目ロボットのダヴィンチXiが稼働しています。この泌尿器科の担うロボット支援手術と放射線治療科の担う前立腺強度変調外照射療法(IMRT)によって,前立腺がんに対する「最先端の標準療法」提供を続けています。

2 膀胱がん・尿管がん・腎盂がん

 エンドウロロジーを駆使した低侵襲の経尿道的手術/尿管鏡手術で尿路上皮がんの診断および治療を進めるとともに,エンドウロロジーでは根治が難しい浸潤がんに対しては腹腔鏡下腎尿管全摘除術,ロボット支援膀胱全摘除術・尿路変向術を行っています。一般的に膀胱全摘除術は,泌尿器科領域においては侵襲の大きな手術の代表であり,ロボット支援手術の登場までは,年齢,併存症などが手術実現の妨げとなっていました。
 ロボット支援手術はその「低侵襲性」「安全性」という特長が膀胱全摘除術に適しており,当院は保険収載前の2015年からこの手術に積極的に取り組むことにより,本邦でも有数の実績を持つ施設と評価されています。

3 腎がん

 腎がんの治療においても前立腺がん手術同様,病変の完全切除「根治性」と腎機能損傷を最小限に抑える「機能温存」の両立が非常に重要で,病変部のみを摘出する腎部分切除術は,その両立において理想とされます。しかしながら,手術支援ロボットの登場までは,手術難度が普及の妨げとなっていました。手術支援ロボットは腎部分切除術の難度克服を助け,同手術の普及を大きく後押しし,2016年に保険収載となっています。 
 当院の腎がんに対するロボット支援腎部分切除術の取組は,保険収載前の2014年にさかのぼり,今では腎部分切除術において,手術支援ロボットを活用することを原則としています。経験を積むことによりその適応は広がり,7cm以下の腎がんなら,ほぼすべて,ロボット支援手術による腎部分切除術が技術的に可能となりました。
 早期がんには,より低侵襲のロボット支援手術を積極的に行う一方,進行がんに対しては分子標的療法,がん免疫療法を導入し,外来通院で,QOLを保ちつつ予後の改善を目指した治療を提供しています。

4 前立腺肥大症

 頻尿や排尿困難を主訴とする前立腺肥大症の治療における手術療法の役割は,薬物療法の進歩に伴い小さくなってきましたが,コントロール不良な病態では標準治療としての位置づけを保っています。
 当院では,2012年にホルミウムレーザーを導入し,それ用いた経尿道的前立腺レーザー核出術(HoLEP)を積極的に行い,出血や再発が少なく,非常に排尿効率のよい手術結果を得ています。

5 尿路結石症

 2012年の細径尿管電子スコープの導入により,ホルミウムレーザーと組み合わせることで,より低侵襲に砕石ができる軟性尿管鏡下経尿道的尿路結石レーザー砕石術(f-TUL)の施行を開始しました。外来通院で行う体外衝撃波結石治療(ESWL)や短期入院f-TULを含めた多くの選択肢の中から,最適な結石治療を提供しています。

診療実績

 主な疾患に対する年間手術実績の推移および集計を示します。ダヴィンチ手術支援ロボットの導入,ロボット支援手術の保険収載を受け,ロボット支援手術の比率が高まっていることが見て取れます。ここに取り上げた泌尿器科手術はほぼ全例にクリティカルパスを用いています。

表1 主な手術の件数(最近5年間)

疾患名

手術名

27年度

28年度

29年度

30年度

元年度

前立腺がん

前立腺全摘除術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

0/0/53

0/0/52

0/0/81

0/0/61

0/0/92

膀胱がん

TUR-BT

152

129

162

148

156

膀胱全摘除・尿路変向術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

1/5/4

1/10/4

0/5/10

0/0/19

0/0/12

腎盂・尿管がん

腎尿管全摘除術

(開腹/腹腔鏡)

0/17

0/6

0/16

1/13

1/15

腎がん

根治的腎摘除術

(開腹/腹腔鏡)

3/15

1/18

1/9

0/15

1/18

腎部分切除術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

2/3/13

0/0/16

0/0/24

0/0/25

0/0/16

精巣がん

高位精巣摘除術

7

3

6

6

3

副腎腫瘍

副腎摘除術(開腹/腹腔鏡)

1/8

0/7

0/9

0/10

1/16

前立腺肥大症

TUR-P

7

10

2

5

6

HoLEP(前立腺レーザー核出術)

49

48

51

36

49

尿路結石

TUL(経尿道的砕石術)

85

43

79

78

87

PNL(経皮的砕石術)

7

4

4

9

14

ESWL(体外衝撃波砕石術)

187

193

194

218

193

施設基準・学会認定

 日本泌尿器科学会専門医教育施設(基幹教育施設)

地域医療に対する貢献策

 地域の中核病院として,地域医療機関から積極的に手術対象患者さん,救急患者さんを受け入れ,治療が落ち着いた後には速やかに逆紹介の形で戻っていただくように手配しています。2014年度より本格運用を開始した前立腺がん術後地域連携パス(京都府統一版)では,地域の先生方のご協力を得て,パス適用率90%以上を維持しております。
 2012年度から始まった京都市の前立腺がん検診では,地域医療機関での一次検診の結果を受けて,その二次検診施設として,精力的に前立腺がんの診断及び治療に当たっています。

前立腺がんに対する手術の内訳(過去8年間 計487例)

 

腎がんに対する手術の内訳(過去8年間 計258例)

 

上部尿路結石症に対する治療の内訳(過去8年間 計1,935件)

 

前立腺肥大症に対する手術の内訳 (過去8年間 計386例)

 

前立腺がん,腎がんのロボット支援手術について

 2013年7月,当院に待望の手術支援ロボット「ダヴィンチ」が導入されました。京都市内では2つの大学病院に次ぐもので,最新型ロボットの導入です。

 ロボット支援手術はすでに前立腺がんに対する手術では保険がきき,当院でもすでに200名に近い患者さんがその恩恵を享受されております。ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で,手術まで長期間お待ちいただくことなく治療が可能ですので,前立腺がんと診断され,地域の医療機関を受診中の方は,かかりつけの先生を通じ,一度当院までご相談ください。

2016年4月,腎がんのロボット支援手術に保険がきくようになりました。

 当院では,腎がんに対する腎部分切除術においても積極的にロボット支援手術を行ってまいりました。

 2016年4月,待望の,ロボット支援手術の腎がんに対する保険適応を受け,同手術施行のための厳しい施設基準をいち早くクリアし,引き続き保険診療で積極的に行っております。
 腎がんに対するロボット支援腎部分切除術は,患者さんに負担をおかけすることなく,1)がんを完全に治すこと,2)術後も腎の働きをできる限り保持すること,という,相反する二つの目的を両立させることが可能な理想的な手術です。こちらも,ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で,手術まで長期間お待ちいただくことなく治療が可能です。
 腎がんと診断され,手術療法をすすめられている患者様は,ロボット支援腎部分切除術が可能かどうか,地域の医療機関を通じ,一度当院までご相談ください

ロボット支援手術について

ダヴィンチとは da Vinci (Xi)のご紹介 ダヴィンチのメリット 対象となる手術 当院の実績 よくあるご質問 お問い合わせ ダヴィンチとは  ダヴィンチは,低侵襲技術を用いて複雑な手術を可能とするために開発された […]
ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ