MENUMENU

褥瘡対策チーム

 床ずれのことを褥瘡(じょくそう)と呼び,その対策を行っているのが褥瘡対策チームです。

 2002年から褥瘡対策委員会を設置し,褥瘡予防・褥瘡対策を行っています。褥瘡対策委員会は,診療部(皮膚科部長・皮膚科医師・神経内科医師・整形外科医師),看護部(副看護部長・看護師長・皮膚排泄ケア認定看護師・各部署にリンクナース1名/計16名),薬剤師,管理栄養士,事務,SPC京都職員で構成されています。各部署には,2~4名の褥瘡対策専任看護師が在籍しており,協力して褥瘡対策を行っています。

 また,褥瘡を保有されている患者さんに対し,皮膚科医師・皮膚排泄ケア認定看護師・褥瘡対策専任看護師・担当薬剤師・担当管理栄養士が,第2木曜日(北館)及び第4木曜日(本館)に褥瘡回診を行っています。

 *リンクナースは,専門チームや委員会(感染制御チーム,褥瘡対策チームなど)と病棟の看護師をつなぎ(リンクさせ),最新の技術や知識を伝えるとともに,現場の問題点等を見いだし,専門チーム等にフィードバックを行う役割を持つ看護師のことです。

褥瘡対策の目標

褥瘡対策リンクナース会の目標

 平成29年度の褥瘡対策リンクナース会では,以下の2点を目標とし,各リンクナースが活動計画を作成し,日々褥瘡対策に取り組んでいます。

NSTとの連携

 褥瘡予防や褥瘡対策は,栄養管理を行うことも重要なので,NST(栄養サポートチーム)と連携しています。

褥瘡患者数褥瘡予防対策対象者数

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ