歯科口腔外科

基本診療方針

 口腔外科的疾患の治療に幅広く対応しています。
 対象疾患は,埋伏智歯周囲炎(親知らず)などの炎症性疾患,嚢胞性疾患,顎関節疾患,腫瘍性疾患,顎顔面領域の外傷,顎変形症,舌痛症,口腔乾燥症,口腔粘膜疾患などです。 必要に応じて入院下で全身麻酔や局所麻酔下での手術を行っております。
 医科の先生方や多職種の方々と連携して,周術期口腔機能管理を行い,がん等の手術後の誤嚥性肺炎の予防,放射線療法や化学療法による口内炎の多発などに対応して,早期退院に貢献しております。
 顎補綴(手術後の顎欠損義歯・保護床)や睡眠時無呼吸症候群の治療用口腔装置を製作しています。 そのほか,様々な全身疾患(糖尿病、循環器疾患、肝疾患など)を合併し一般歯科医院で抜歯などの診療が困難な方や当院入院中の患者様に対して病院歯科として各科と協力して診療に携わっています。特に,ビスフォスフォネート製剤を使用しておられる患者様に対しては,全身的精査を行い,治療しております。
 また,チーム医療として,先述の周術期口腔機能管理の他に,NST(栄養サポートチーム)および緩和ケアチームの一員として活動しています。  

医師紹介

部長 西村 毅
にしむら つよし
口腔外科一般
日本口腔外科学会専門医
厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医
副部長 白井 陽子
しらい ようこ
口腔外科一般
厚生労働省認定歯科医師臨床研修指導医
医員 大西 ゆりあ
おおにし ゆりあ
口腔外科一般

外来担当医表

歯科口腔外科は2Dブロックの受付となっております。

西村 西村 西村 西村 担当医
白井 白井 白井 白井  
大西 大西 大西 大西    
担当医 担当医      

診療体制と概要

新患・予約外患者受付時間 午前8時30分から11時 新患は紹介患者様を優先的に診察 午後は予約のみ(午後2時~4時)

診療実績

治療成績 代表的な症例数は以下の通りです。

手術症例内訳  28年度
顎骨腫瘍、嚢胞摘出術 (術後性上顎嚢胞摘出術含む) 24例
顎骨骨折観血的整復術 5例
顎下腺摘出術 12例
腐骨除去術 5例
上顎洞口腔瘻閉鎖術 5例
膿瘍切開排膿術 3例
抜歯術(埋伏歯、多数歯抜歯を含む) 1,423例
良性腫瘍摘出術(舌、口底、口蓋) 25例
舌小帯形成術 3例

ビスフォスフォネート系薬剤に対する顎骨壊死の診断および治療

 ビスフォスフォネートは,骨粗鬆症や多発性骨髄腫,乳がんや前立腺がんなどの溶骨性骨転移などに対して非常に臨床的有用性の高い薬剤です。しかし,発生頻度は低いものの,抜歯などの歯科治療を契機に顎骨壊死が生じる場合があります。現在,発生機序など不明な点が多いですが,当科ではガイドラインに即して,ビスフォスフォネート投与前のスクリーニングや顎骨壊死症例においても積極的な診断,治療を行っています。

抗凝固・抗血小板療法継続における抜歯などの観血的治療

 循環器疾患や脳梗塞などの患者様において様々な 抗凝固・抗血小板療法がなされておりますが,当科では,ガイドラインに即して至適治療域(PT-INR:3.5以下)においては継続治療下での抜歯をおこなっています。抗血小板療法においても同様に継続治療下で抜歯などの観血的治療をおこなっています。

治験・臨床研究

京都大学大学院医学研究科口腔外科学講座と共同でビスフォスフォネート系薬剤による顎骨壊死の臨床的調査を行っています。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

午後4時~午後7時
平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ