臨床工学科

臨床工学科理念 

私たちは、臨床の現場で医療機器のスペシャリストとして安心・安全な医療機器の提供を行い、診療の補助として医療技術を提供し、医師・看護師・その他の医療技術者と協力しチーム医療を行います。

業務体制

平成26年度より臨床検査技術科から臨床工学科として独立しました。現在、臨床工学科には11名の臨床工学技士が所属しており、臨床支援業務を中心に24時間体制(休診日・夜間は日・当直制)を敷いて業務を行っています。

また、医療機器保守管理業務は平成26年4月からPFI業務の一貫として、㈱SPC京都に委託されました。

当院での業務内容

1.血液浄化センター業務

透析室で行われる血液透析療法をはじめ、血漿交換や白血球吸着などの特殊血液浄化療法・腹水濾過濃縮・末梢血幹細胞採取など多岐にわたる治療に関わっています。

臨床工学技士は主に、シャント穿刺や治療に使用する機器全般の操作・管理を行っています。

血液浄化センター写真
血液浄化センター

2.集中治療室・人工呼吸器関連業務 

集中治療室では心臓・肺・脳・腎臓などの重要な臓器に重篤な症状のある患者さんが収容され、集中的に治療を行っています。臨床工学技士は人工呼吸器をはじめ急性血液浄化装置・経皮的補助人工心肺装置・大動脈バルーンパンピング装置・低体温療法装置など様々な生命維持管理装置の操作・管理を行っています。

人工呼吸器業務では、集中治療室・一般病棟・新生児及び小児病棟で使用されている人工呼吸器が問題なく動作しているかの巡回点検を1日2回行っています。また、院内職員に対しての人工呼吸器勉強会の実施や、呼吸ケアサポートチーム(RST)の一員として人工呼吸器の導入から離脱までの機器設定や監視にも携わっています。

3.心臓カテーテル検査・ペースメーカー業務

心臓カテーテル検査室では、ポリグラフ(心電図・血圧)の操作や解析をはじめ、造影剤自動注入器や血管内超音波(IVUS)などの各種診断機器の操作や解析を行い、緊急時における除細動器や経皮的補助人工心肺装置や大動脈バルーンパンピング装置の取り扱いも行っています。

ペースメーカー業務では、ペースメーカー外来点検としてペースメーカープログラマーの操作・設定変更を行っています。また、手術時や放射線治療・MRI撮影時などの際に、ペースメーカーが安全作動しているかの確認も行っています。

心臓血管造影室写真
心臓血管造影室

4.手術センター業務

手術室内における医療機器管理をはじめ、内視鏡装置・手術支援ロボット(da Vinci)・手術ナビゲーションシステム・自己血回収装置を扱う手術に立ち会い、これらの機器の操作・管理を行っています。

また、胸椎・腰椎などの手術中の体性感覚誘発電位(SEP)・運動誘発電位(MEP)・聴性脳幹反射(ABR)・近赤外線酸素モニター(NIRO)などのモニタリング操作や各種モニターのセッティングなどを行っています。

手術支援ロボット da Vinciシステム写真
手術支援ロボット da Vinciシステム

5.医療機器管理業務 

医療機器管理業務では、院内にある医療機器の保守・管理を行っています。人工呼吸器・輸液/シリンジポンプ・心電図モニターなどの医療機器は、円滑な貸出が出来るようMEセンターで中央一括管理をしています。また、医療機器の使用状況や修理状況を把握することで適切な保守・管理に努めています。

医療機器管理業務イメージ

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ