血液内科

基本診療方針

  1. evidence-based medicineの考え方に基づいた血液疾患の治療
  2. 化学療法など専門性の要求される治療の実施
  3. 適応のある症例に対する自家および同種造血幹細胞移植治療の積極的な導入

医師紹介

部長 伊藤 満
いとう みつる
臨床血液学・造血器悪性疾患の治療・造血幹細胞移植

日本血液学会専門医(指導医) 日本血液学会評議員 日本内科学会認定医 日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医 日本輸血・細胞治療学会認定医 京都大学医学部臨床教授 
日本臨床腫瘍学会暫定指導医 日本がん治療認定医機構暫定教育医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 
日本骨髄バンク認定調整医師 細胞治療認定管理師

副部長 宮原 裕子
みやはら やすこ
臨床血液学・造血器悪性疾患の治療・造血幹細胞移植
日本血液学会専門医 日本内科学会認定医 日本内科学会総合内科専門医・指導医 日本臨床腫瘍学会暫定指導医 
日本がん治療認定医機構暫定教育医 日本がん治療認定医機構がん治療認定医 
日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医 細胞治療認定管理師
医長 松井 道志
まつい まさし
臨床血液学・造血器悪性疾患の治療・造血幹細胞移植
日本血液学会専門医 日本内科学会認定医 
医員 堀澤 欣史
ほりさわ よしひと
臨床血液学・造血器悪性疾患の治療・造血幹細胞移植
日本内科学会認定医
医員 大庭 章史
おおば あきふみ
内科一般
医員 川畑 徳浩
かわばた のりひろ
内科一般
専攻医 小島 ちひろ
こじま ちひろ
内科一般
専攻医 家村 知樹
いえむら ともき
内科一般

外来担当医表

 
予約専門診 午前 伊藤 大庭/宮原 堀澤

松井

松井/家村

川畑
午後 伊藤/堀澤  大庭/川畑
外来化学療法(午前・午後)     宮原    

診療体制と概要

診療疾患

血液疾患は悪性リンパ腫を中心に近年発症頻度が増加していますが、血液内科を専門科として擁する病院は決して多くありません。血液疾患でもとりわけ造血系悪性腫瘍は造血幹細胞移植など特殊な治療を必要とする場合が多いので、専門的なスタッフと施設が必要です。当科ではそのような血液疾患の患者のニーズに応えられるよう最大限の努力を払っています。

診療範囲としては、主として血液疾患全般(急性・慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、再生不良性貧血、鉄欠乏性貧血、悪性貧血、多血症、その他の骨髄増殖性疾患など)を担当しています。

診療体制

常勤スタッフ4名(1名は外来化学療法センター)、日本血液学会血液指導医1名、同血液専門医3名、日本造血細胞移植学会造血細胞移植認定医2名、日本内科学会総合内科専門医2名)、専攻医4名で診療を行っています。外来は平日1ないし2診、新患及び予約制専門外来は月〜金曜日、平日は毎日新患及び紹介患者を受け入れています。

概要

入院病床は30床で、2015年度の入院患者総数は433名でした。入院患者の80%以上は血液悪性疾患であり、化学療法や造血幹細胞移植目的の入院が殆どです。入院での化学療法算定件数(薬剤部での算定件数:内服、皮下注射除く)は1,231件でした。悪性リンパ腫等通院での化学療法が可能な症例では、積極的に外来化学療法センターでの治療を行っています。同年度外来化学療法算定件数(皮下注射や内服のみの治療を除く)は460件でした。また当科における骨髄検査件数は年間300件以上です。日本造血細胞移植学会で研修を受けた看護師2名が造血幹細胞移植後患者の外来フォローアップに携わっています。

2013年3月の新棟オープンに伴い、血液内科も新棟へ移転、クリーンルーム11床(クラス100ユニットを含む個室3床、総室8床)の運用が始まりました。その他医療施設として、移動式ベッドアイソレーター、細胞分離装置、ディープフリーザーなどがあります。

新規導入の診療・治療法

京都市立病院血液内科での同種造血幹細胞移植は血縁者間移植に加え、認定が必要な非血縁者間臍帯血移植及び非血縁者間骨髄移植の実施が可能です。京都府下において小児科および血液内科共に非血縁者間移植に対応できる数少ない病院の一つです。2006年12月に当科で最初の非血縁者間移植を実施して以降の同種造血幹細胞移植58例中44例は非血縁者間移植です。さらに2013年4月には、京都府下で最初の非血縁者間末梢血幹細胞採取ならびに移植施設の認定を受けました。この移植を実施できる施設は全国でもまだ少数です。

その他、急性骨髄性白血病に対するゲムツズマブ、多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ、サリドマイド、レナリドマイド、ポマリドマイド、パノビノスタット、骨髄異形成症候群に対するアザシチジン、悪性リンパ腫に対するベンダムスチン,モガムリズマブ,ブレンツキシマブなど、適応症例に対しては新規抗がん剤治療も積極的に行っています。

参加中の臨床試験(疫学調査を含む)

血液疾患登録(日本血液学会)

再発又は難治性CD20陽性低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫患者を対象にしたベンダムスチン、リツキシマブ併用療法の有効性と安全性の検討:臨床第Ⅱ相試験(BRサルベージ試験)(京都大学血液研究グループ)

未治療移植適応多発性骨髄腫患者を対象にしたボルテゾミブを用いた寛解導入・地固め・維持療法および大量抗がん剤併用自家末梢血幹細胞移植の安全性と有効性の検討:臨床第Ⅱ相試験(京都大学血液研究グループ)

研究参加施設に新たに発生する全ての成人ALL症例を対象とした5年生存率に関する前向き臨床観察研究 ALL-CS-12(日本成人白血病治療共同研究グループ:JALSG)

参加施設に新たに発生する全AML,全MDS,全CMML症例を対象とした5年生存率に関する観察研究(前向き臨床観察研究)JALSG-CS-11(日本成人白血病治療共同研究グループ:JALSG)

初発慢性期の成人慢性骨髄性白血病に対するニロチニブとダサニチブの分子遺伝学的完全寛解達成率の多施設共同前方視的ランダム化比較試験 JALSG CML212 Study(日本成人白血病治療共同研究グループ:JALSG)

詳細につきましては、

日本血液学会 http://www.jshem.or.jp/
京都大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~hemonc/
日本成人白血病治療共同研究グループ(JALSG) http://www.jalsg.jp/

の各ホームページもご参照下さい。

診療実績

治療成績

治療適応のある造血系悪性腫瘍に対しては化学療法および放射線療法を行い良好な成績をあげています。さらに、予後不良因子の多い症例に対して自家末梢血幹細胞移植を併用した超大量化学療法を、あるいは同種造血幹細胞移植(骨髄・末梢血・臍帯血)を積極的に実施しています。

血液内科における自家末梢血幹細胞移植および同種造血幹細胞移植の治療成績は以下のとおりです。(2015年5月末日時点)
当科でこれまで施行された自家末梢血幹細胞移植は60症例72回。疾患内訳は、悪性リンパ腫42例、多発性骨髄腫14例、その他4例です。同種造血幹細胞移植は61症例65回、内訳は、急性白血病42例、骨髄異形成症候群6例、悪性リンパ腫9例、その他4例。自家末梢血幹細胞移植全例、およびその代表的適応疾患である悪性リンパ腫、同種造血幹細胞移植全例の生存曲線(Kaplan-Meier法)は以下のグラフのとおりです。
また,5年生存率はそれぞれ70.4%、67.0%、38.0%でした。

無題1

無題2
無題3

2011〜2015年度入院患者疾患内訳

疾患 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度
実患者数 延入院
回数
実患者数 延入院
回数
実患者数 延入院
回数
実患者数 延入院
回数
実患者数 延入院
回数
急性骨髄性白血病 8 19 10 13 11 26 25 61 28 54
急性リンパ性白血病 2 2 5 13 9 14 4 12 8 12
慢性骨髄性白血病 2 2 5 6 8 9 9 10 10 11
成人T細胞白血病
リンパ腫
2 3 0 0 0 0 1 2 0 0
非ホジキンリンパ腫 46 87 54 84 57 128 86 178 81 210
ホジキンリンパ腫 3 5 0 0 3 4 5 5 8 17
骨髄異形成症候群 9 34 10 21 10 20 13 21 15 30
多発性骨髄腫 23 33 18 35 15 32 17 29 25 43
再生不良性貧血 3 6 4 8 7 13 9 12 6 9
特発性血小板減少性
紫斑病
3 3 10 10 7 8 7 8 8 9
造血細胞移植ドナー 3 3 6 6 5 5 6 6 6 7
その他 14 14 22 25 15 16 27 31 27 31
118 211 144 221 147 275 209 375 222 433


当科での造血幹細胞移植件数

  自家移植 同種移植
血縁骨髄 血縁末梢血 非血縁骨髄 臍帯血
1995~1999 10 2 0 0 0 12
2000〜2004 18 2 6 0 0 26
2005〜2009 24 4 6 3 5 42
2010 4 0 0 1 1 6
2011 4 1 0 2 1 8
2012 2 1 0 4 1 8
2013 2 0 1 0 3 6
2014   2  1  1  3  5 12
2015 6 0 3 2 6 17
2016 7 0 1 3 4 15

施設基準・学会認定

日本血液学会認定研修施設

日本臨床腫瘍学会認定研修施設

日本がん治療認定医機構認定研修施設

日本内科学会認定医制度教育病院

日本骨髄バンク骨髄移植・末梢血幹細胞移植認定施設

日本臍帯血バンク臍帯血移植認定施設

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

午後4時~午後7時
平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ