緩和ケア科

 患者さんの生命を脅かす「がん」。国立がん研究センターがん対策情報センターによると、2016年のがん患者数は,100万例を超えるとされています。当院は地域のがん診療の基幹病院として、その根治を目指して手術療法、化学療法、放射線療法などの様々な治療手段を駆使した集学的な治療を行っています。

 しかしながら一方で、それらの治療で完治したかに見えても再発してコントロールできなくなったり、初回発見時に既に全身に広がっていて進行を食い止められない場合もあります。そのような患者さんには、これまで、抗がん治療から症状を緩和する対症療法への「ギアチェンジ」が行われていました。

 そもそもがんの闘病は、それ自体全期間を通じて決して楽なものではありません。診断時から存在する症状に疼痛などの新たな症状が加わり、さらに各種の治療によって引き起こされる苦痛が上乗せとなって、患者さんを苦しめます。家族のこと、仕事のことなど、自分の思うようにできないもどかしさと、先行きの見えない不安がこれに追い打ちをかけるかも知れません。

 私たち緩和ケア科は、がんと診断され根治を目指した治療が開始された比較的早い段階から、いわゆるターミナルステージに至るまで、その時々で患者さんが感じておられる身体的あるいは精神的な苦痛の緩和を図り、自分らしい人生を生き抜いていただくためのケアを行います。

医師紹介

部長 久野 太三
ひさの たいぞう
麻酔・周術期管理・ペインクリニック
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医)

 

外来担当医表

   
午後 5診(2Aブロック)     ○     

診療体制と概要

 常勤医1名と臨床心理士1名からなります。

 当院では、かんわ療法委員会のもとに「緩和ケアチーム」が組織され、入院患者さんの緩和ケアについて多職種で検討し提案しています。緩和ケアチームには、精神神経科医を含む医師、看護師、薬剤師、臨床心理士、栄養士、リハビリ療法士、MSWが加わっています。その中で緩和ケア科は、認定資格を有する看護師・薬剤師とともに核となって活動しています。がんで入院された患者さんが、苦痛を感じて希望されればどこへでも出向き、主治医や病棟スタッフと充分情報共有したうえで患者さんに緩和ケア診療に関する計画を示し、同意を得て介入します。必要に応じて、ペインクリニック(麻酔科として疼痛外来を実施)や心理カウンセリングも活用します。

 緩和ケア科のもう一つの拠点は「緩和ケア病床」です。2013年の春、比叡山や大文字山を望める5階に10床の個室として開床しました。窓の外にはウッドデッキと植え込みがあり、内装も一般病室より落ち着いたもので、少しでも自宅にいるような静かな環境の下で過ごしていただけるようにしております。いわゆる緩和ケア病棟やホスピスと異なる大きな特徴としては、抗がん剤、放射線治療といった抗がん治療や、輸血やリハビリなどの一般的な治療も、ご希望に応じて実施できるというメリットがあります。「ギアチェンジを決断することなく、治療を継続しながら緩和ケアを受けたい」という患者さんには最適です。

 地域がん診療連携拠点病院として、高度専門医療を提供するのはもちろんですが、がんの症状を緩和することで在宅療養につなげたり、逆に在宅で診ておられる患者さんの看取りの場を提供することも求められます。その意味で緩和ケア病床は地域の医療機関に開かれた病床でなければならないと考えます。その窓口として、「緩和ケア外来」を開設しています。地域医療連携室を通じて予約していただければ、患者さんご本人あるいはご家族と面談をして、病状やご希望に合わせて入院時期の決定をします。

診療実績・治療実績

 2015年度の緩和ケアチーム介入は、53名の新規の患者さんに行い、1か月の平均ラウンド回数は18回でした。また、緩和ケア病床への入床患者さんは52名で、緩和ケア外来は28名でした。臨床心理士による心理カウンセリングは、がん患者さん34名を含む62名に対して行い、年間の介入回数は延べ972回でした。

 地域の医療機関の医師・メディカルスタッフに開かれた「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を2008年度から毎年行っていますが、昨年度は2016年1月30日・31日に行いました。院内17名、院外18名の合計35名の応募があり、職種は医師28名、歯科医師1名、看護師4名でした。今後もがん診療連携拠点病院の緩和ケア科として、地域への緩和医療の啓発に力を入れていきたいと思います。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ