腎臓内科

腎臓内科トピックス

透析施設・患者さん向け雑誌Vividに,当院腎臓内科についてわかりやすく紹介されています。

掲載内容はこちら(p1p2)をご覧ください。

多発性嚢胞腎 専門外来を開設しています。

多発性嚢胞腎の専門外来を毎月第1木曜日に開設しています。

詳細はこちら

ご予約・お問い合わせは,地域医療連携室(℡:075-311-5311(代表))までご連絡ください。

腎臓病教室について

 奇数月の第2−4木曜日に開催しています。

 詳しくはこちらをご覧ください。

過去のトピックス等

台湾の台南市より甘先生が来院されました。 甘偉志先生は奇美医院で腎臓内科を専門とされています。 日本に短期留学され、倉敷中央病院につづいて当院で研修されました。 英語でカンファレンスを行って、漢方の話やお互いの国の医療事 […]

基本診療方針

  1. ガイドラインに則した標準的診療を行います。
  2. 検尿異常から腎炎,ネフローゼ,保存期腎不全,透析導入から透析中の合併症まで全ての段階の腎疾患に対応します。
  3. 腎生検組織診断に基づいた,正確な腎疾患の診断を行ういます。
  4. 地域透析施設との密接な連携を取ります。

医師紹介

部長 家原 典之
いえはら のりゆき
 臨床腎臓病学・透析療法
日本内科学会総合内科専門医 日本腎臓学会専門医(指導医) 日本透析医学会専門医(指導医)
副部長 鎌田 正
かまた ただし
臨床腎臓病学,透析療法
日本内科学会認定医 日本腎臓学会専門医(指導医) 日本透析医学会専門医(指導医)
医長 富田 真弓
とみた まゆみ
臨床腎臓病学・透析療法
日本内科学会総合内科専門医 日本腎臓学会腎臓専門医(指導医) 日本透析医学会透析専門医
医員 矢内 佑子
やない ゆうこ
臨床腎臓病学・透析療法
日本内科学会認定医 日本腎臓学会腎臓専門医 日本透析医学会透析専門医
医員 志水 愛衣
しみず あい
内科一般
日本内科学会認定医  日本腎臓学会腎臓専門医 日本透析医学会透析専門医
医員 山本 耕治郎
やまもと こうじろう
内科一般
日本内科学会認定内科医 日本腎臓学会腎臓専門医 日本透析医学会透析専門医
医員 朱 星華
しゅ せいか
内科一般
日本内科学会認定内科医 日本腎臓学会腎臓専門医

 

外来担当医表

 
内科 新患総合診      朱    
予約
専門診
午前 矢内  朱 家原 鎌田 富田
    志水 富田・担当医 山本
午後 矢内  

志水

家原

鎌田 

山本 

富田

診療体制と概要

外来 : 常勤医を中心に,専攻医も外来診療にあたります。新患受診日は原則として水曜日ですが,火曜日以外は受診可能です。腎疾患は自覚症状や他覚所見に乏しいので,原則として,受診に際しては,採血・採尿等の検査を実施ししています。凡そ1時間以内に結果を出し,その結果を踏まえて診療を行い,治療,管理に遅延をきたさないようにしています。また,必要な場合は腎臓超音波検査もその場で行っています。

入院 : 入院実績は次項目「診療実績」のとおりです。透析患者合併症の入院患者数には他科入院中の患者も含まれています。入院患者は部長、医長、専攻医、研修医がチームを組んで診療に当たっています。

診療実績

  2011 2012 2013 2014 2015
総患者数 300 231 264 244 384
透析導入数 32 32 40 55 30
腎生検数 22 29 33 50 42
疾患別
  2011 2012 2013 2014 2015
慢性腎炎 16 16 25 27 48
ネフローゼ 12 13 18 25 19
急速進行性糸球体腎炎 5 6 2 7 2
急性腎炎 1 2 0 0 1
慢性腎不全 111 100 117 150 150
急性腎不全 23 10 15 12 17
膠原病腎症 3 2 3 4 1
その他 49 21 17 24 31

腎臓内科の扱う疾患

腎臓内科が扱う疾患は,腎炎,ネフローゼ,腎不全などの内科的な疾患です。結石や腫瘍,前立腺や膀胱の病気は泌尿器科が専門です。最近,慢性腎臓病(CKDと略される)という言葉が良く使われるようになってきました。

CKDとは

一定以上の腎臓の働きの低下か,あるいは何らかの腎臓に関する尿,血液,レントゲン検査など異常が3ヶ月以上続く場合,慢性腎臓病(CKD)と言います。CKDについては重要な点が二つあります。ひとつはCKDは末期腎不全に進行して,透析療法や腎移植をしないと生きていけなくなる事。もうひとつは心筋梗塞や狭心症,脳梗塞などの心臓や脳血管の病気を起こす危険性が格段に高くなるということです。

CKDのうち腎炎やネフローゼ症候群というのは,尿中に血液やたんぱく質がでている病気です。手足や顔がむくんだり血圧が高くなったりする場合もありますが,何も症状がなく尿の異常がでるというだけの事もあります。糖尿病や高血圧,加齢,肥満などの生活習慣病をもと起こってくる病気には,糖尿病性腎症,腎硬化症などがあります。これらの疾患は血尿はあまりなく,タンパク尿が主体ですが,これらさえも無く,腎臓の働きが落ちているだけ,あるいは血圧が高いのが目立つと言う場合もあります。

CKDの診断はどうするか

CKDの内,腎炎やネフローゼは,血液や尿の検査,レントゲンや超音波検査では確定診断できず,腎生検という組織検査が必要です。局所麻酔をして超音波で十分位置を確認し針で細い組織をとってきて,病理学的に診断をつけます。この検査は100%安全にできるわけではありませんが,超音波でしっかりと位置を確認すれば,ほぼ問題なく検査できます。この腎生検でえられる情報は他では絶対得られない貴重なもので,重要な検査です。一方,糖尿病性腎症や腎硬化症などの疾患の診断には病歴や経過,糖尿病や高血圧自体の診断が重要で,組織学的検査が是非必要と言うわけではありません。

CKDの治療はどうするか

 腎炎やネフローゼでは副腎皮質ステロイドやカルシニューリン・インヒビターと言う免疫や炎症を抑える薬で治療をする事が多いです。また日本ではIgA腎症については,慢性扁桃炎との関連が示唆されており,扁桃腺摘出とステロイドパルス療法が行われる事も多くなっていますが,当院でも実施しており,有効例も見られています。糖尿病性腎症や腎硬化症では糖尿病,高脂血症,動脈硬化などに対する治療が重要です。

しかしほぼ全てのCKDの治療に共通して重要なのは血圧のコントロール,蛋白質や塩分制限などの食事療法です。特にこうした治療により腎臓の働きが悪化するのを防ぎ,働きを維持することが可能になります。血圧のコントロールについてもレニン・アンギオテンシン系阻害薬を中心に,蛋白尿を減らすような方向で,血圧を下げることが腎臓を守るために,大変重要です。そしてそうすることにより,CKDに合併する事の多い心蔵や血管の病気を防ぐことにもなります。

CKDが良くならない時はどうなるか

食事療法や薬物療法を行っても必ずCKDがよくなるわけではありません。頑張って治療を続けても腎臓の働きが悪くなっていく場合もあります。腎臓の働きが正常の1/10未満になりますとご自分の腎臓だけでは種々の老廃物の排泄が不十分となり,尿毒素がたまり,食欲低下,全身倦怠感,かゆみ,むくみ,息切れなどの症状が現れ,日常生活が送れなくなります。ひどくなると命まで失ってしまいます。これを良くするためには,腎代替療法と言われる,血液透析,腹膜透析,腎移植などの治療が必要です。

当院では移植は行っていませんが,透析療法は実施しております。総合病院内の透析施設として,院内の関係各科や地域の透析医療機関と緊密な連携を取りながら,より質の高い透析医療を提供していくことを目指しており,たとえ末期腎不全になっても少しでも安楽な日常生活のサポートができるよう努めています。

臨床研究のお知らせ

 ・「透析量の評価法に関する研究」を実施しています。
  詳しくはこちらをご覧ください。

 ・「透析患者の体液管理に関する研究」を実施しています。
  詳しくはこちらをご覧ください。

 ・「慢性維持透析患者におけるがん診療に関する他施設共同観察研究」を実施しています。
  詳しくはこちらをご覧ください。

メディア掲載履歴

 「毎日血圧 時々尿検査 ~早期発見で慢性腎臓病を予防しよう~」(京都新聞 朝刊 2014年10月25日)

 掲載内容はこちらをご覧ください。

施設基準・学会認定

日本腎臓学会認定研修施設

日本透析医学会及び日本高血圧学会認定施設

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ