泌尿器科

基本診療方針

1.尿路生殖器癌の診断治療において地域がん診療連携拠点病院としての役割を担う

2.高齢化社会に伴い増加している泌尿器科疾患に対する地域の要望に応える

医師紹介

部長 清川 岳彦
せがわ たけひこ
泌尿器科癌,前立腺癌,泌尿器科手術一般,腹腔鏡手術,
ロボット支援手術
京都大学泌尿器科臨床教授 日本泌尿器科学会専門医・指導医,
日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医,日本内視鏡外科学会腹腔鏡技術認定医,
ダヴィンチ手術支援ロボットプロクター(指導者)認定医
副部長 吉川 武志
よしかわ たけし
泌尿器科手術一般,泌尿器内視鏡手術
日本泌尿器科学会専門医
医長 増田 憲彦
ますだ のりひこ
泌尿器科手術一般,泌尿器内視鏡手術
日本泌尿器科学会専門医・指導医,日本泌尿器内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
医員 砂田 拓郎
すなだ たくろう
泌尿器科手術一般
日本泌尿器科学会専門医
専攻医 羽間 悠祐
 はま ゆうすけ
泌尿器科手術一般

外来担当医表

  金 
1診
(一般・新患)
吉川 砂田 清川 増田 羽間
2診 岡所 岡村 担当医 宇都宮 担当医
3診   午後 担当医
(前立腺) 
担当医
(処置)
   

取り扱う疾患

 泌尿器科領域の悪性疾患(腎癌,副腎癌,腎盂癌,尿管癌,膀胱癌,尿道癌,前立腺癌,精巣癌,陰茎癌など)を代表とし,良性疾患(副腎腫瘍,前立腺肥大症,尿路結石症,骨盤内臓器脱,尿失禁,尿路感染症,排尿機能障害など)を含めた泌尿器科疾患を幅広く取り扱っています。

診療体制と概要

 泌尿器科で大きな比重を占める疾患ごとの診療の特徴を記します。いずれの疾患に関しても,地域医療連携室を通じて事前紹介予約を受け付けるとともに,セカンドオピニオンに関しては,当院の健診センターを通じて適宜受け付けております。

(1)前立腺癌

 昨今の,前立腺癌早期発見に関する啓蒙や健診の普及に伴って,根治治療の可能な段階で診断される前立腺癌の患者さんが著しく増加しています。前立腺癌に対しては多くの治療が存在し,完全に治ることを大前提にしたうえで,いかに侵襲少なく,合併症を起こさない治療を提供できるかが大切になってきています。当院では前立腺癌治療に関して,根治手術療法,放射線療法とも最先端技術を駆使しており,地域随一を誇ったものと自負しております。なかでも手術療法については,2012年,いち早く腹腔鏡による摘出手術を取り入れました。これは,従来の開腹手術より細かな手術が可能で,ごくわずかな傷で済みます。さらに,2013年には,手術支援ロボット「ダヴィンチ」が導入され,さらに精度の高い手術ができるようになりました。ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で,手術まで長期間お待ちいただくことなくロボット支援手術の恩恵を受けていただくことが可能です。

(2)膀胱癌・尿管癌・腎盂癌

 膀胱鏡,尿管鏡といった泌尿器内視鏡を駆使し,膀胱癌・尿管癌・腎盂癌の診断及び治療を低侵襲に進めています。また,これらの泌尿器内視鏡治療では根治できない局所浸潤癌の患者さんに対しては腹腔鏡下腎尿管全摘除術や膀胱全摘除術・尿路変向術を積極的に行い,根治を目指しています。2012年より施設認定を受け,膀胱癌に対しても腹腔鏡下に膀胱全摘除術を行うことが基本となりました。尿路上皮癌に対しても,進行状態に応じ,最適な低侵襲治療を目指した治療方針が生きています。

(3)腎癌

 健診時の超音波検査などで診断される早期の腎癌が増えるにつれ,完全に治すことと治療後の腎機能を温存することのバランスをとることが腎癌の治療において非常に重要となってきました。大きな腎癌は片方の腎臓すべてを摘出する必要がありますが,早期の腎癌では病気の部分のみを摘出する腎部分切除術という手術が理想です。しかしながら,腎部分切除術は難しい手術であり,普及の障害になっていました。当院では,早くから,腹腔鏡や手術支援ロボットを活用した腎部分切除術を積極的に行っており,傷口が小さい,精密な手術により,手術患者さんの負担を軽減しつつ,根治性と腎機能温存を両立させています。本年度から,当院では手術支援ロボットを用いた腎部分切除術も保険診療となり,ますますその恩恵を受けていただけるようになりました。一方,片方の腎臓をすべて摘出する必要がある場合でも,ほとんどの患者さんで腹腔鏡手術が可能です。また,診断時に転移がみられる進行した癌,再発した癌などには,分子標的療法という最新の薬による治療も積極的に行っており,外来通院で日常の生活を送りながら治療ができます。

(4)前立腺肥大症

 高齢化社会を迎え,頻尿や排尿困難などの症状を引き起こす前立腺肥大症は,中高年男性にとって避けて通れない病気ともいえます。近年,薬による治療の進歩で,手術の役割は小さくなってきたものの,薬ではコントロールがうまくいかない病態ではやはり手術が切り札となってきます。当院では,生理食塩水を還流液に用いた合併症の少ない経尿道的前立腺切除術,レーザーを用いた経尿道的前立腺核出術などのおなかを切らない手術を大前提に,病態に応じて使い分け,治療に当たっています。 

(5)尿路結石

 腎結石,尿管結石,膀胱結石を総称して尿路結石と呼びます。当院では,体の外から衝撃波を当てて体内の結石を破砕する治療(体外衝撃波治療),尿道を通じて尿管鏡を用いて結石を破砕する治療(経尿道的砕石術),腰部から直接腎臓にカメラを入れ結石を破砕する手術(経皮的砕石術)など,結石に対する治療選択肢が整っており,病態に応じて相談しながら治療を進めています。体外衝撃波治療は入院することなく通院治療が可能です。

診療実績

 主な疾患に対する年間手術実績を示します。

 ここに取り上げた入院手術の大半は,クリティカルパスを用いて対応しています。

■ 表1 主な手術の件数(最近5年間)

疾患名

手術名

24年度

25年度

26年度

27年度

28年度

前立腺癌

前立腺全摘除術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

 

1/24/0

 

0/11/45

 

0/0/66

 

0/0/53

 

0/0/52

膀胱癌

 

TUR-BT

144

157

124

152

129

膀胱全摘除・尿路変向術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

 

8/2/0

 

0/10/0

 

0/9/0

 

1/5/4

 

1/10/4

腎盂・尿管癌

腎尿管全摘除術

(開腹/腹腔鏡)

 

3/6

 

0/13

 

0/20

 

0/17

 

0/6

腎癌

 

根治的腎摘除術

(開腹/腹腔鏡)

 

5/8

 

1/19

 

1/12

 

3/15

 

1/18

腎部分切除術

(開腹/腹腔鏡/ロボット支援)

 

2/8/0

 

1/4/0

 

0/7/10

 

2/3/13

 

0/0/16

精巣癌

高位精巣摘除術

5

6

5

7

3

副腎腫瘍

副腎摘除術(開腹/腹腔鏡)

0/2

0/6

0/5

1/8

0/7

前立腺肥大症

 

TUR-P

12

5

8

7

10

HoLEP(前立腺レーザー核出術)

12

48

42

49

48

尿路結石

 

 

TUL(経尿道的砕石術)

54

75

75

85

43

PNL(経皮的砕石術)

8

13

6

7

4

ESWL(体外衝撃波砕石術)

150

85

64

187

193

 

施設基準・学会認定

 日本泌尿器科学会専門医教育施設(基幹教育施設)

地域医療に対する貢献策

 地域の中核病院として,地域医療機関から積極的に手術対象患者さん,救急患者さんを受け入れ,治療が落ち着いた後には速やかに逆紹介の形で戻っていただくように手配しています。2014年度より本格運用を開始した前立腺がん術後地域連携パス(京都府統一版)では,地域の先生方のご協力を得て,パス適用率90%以上を維持しております。

 2012年度から始まった京都市の前立腺がん検診では,地域医療機関での一次検診の結果を受けて,その二次検診施設として,精力的に前立腺癌の診断及び治療に当たっています。

前立腺癌に対する手術の内訳(過去5年間 計252例)


 

 

 

 

 

 

腎癌に対する手術の内訳(過去5年間 計147例)


 

 

 

 

 

上部尿路結石症に対する治療の内訳(過去5年間 計949件)


 

 

 

 

 

 

前立腺肥大症に対する手術の内訳 (過去5年間 計241例)

 

 

 

 

 

 

 

前立腺がん,腎がんのロボット支援手術について

 2013年7月,当院に待望の手術支援ロボット「ダヴィンチ」が導入されました。京都市内では2つの大学病院に次ぐもので,最新型ロボットの導入です。

 ロボット支援手術はすでに前立腺がんに対する手術では保険がきき,当院でもすでに200名に近い患者さんがその恩恵を享受されております。ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で,手術まで長期間お待ちいただくことなく治療が可能ですので,前立腺がんと診断され,地域の医療機関を受診中の方は,かかりつけの先生を通じ,一度当院までご相談ください。

2016年4月,腎がんのロボット支援手術に保険がきくようになりました。

 当院では,腎がんに対する腎部分切除術においても積極的にロボット支援手術を行ってまいりました。

 2016年4月,待望の,ロボット支援手術の腎がんに対する保険適応を受け,同手術施行のための厳しい施設基準をいち早くクリアし,引き続き保険診療で積極的に行っております。腎がんに対するロボット支援腎部分切除術は,患者さんに負担をおかけすることなく,1)がんを完全に治すこと,2)術後も腎の働きをできる限り保持すること,という,相反する二つの目的を両立させることが可能な理想的な手術です。こちらも,ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で,手術まで長期間お待ちいただくことなく治療が可能です。腎がんと診断され,手術療法をすすめられている患者様は,ロボット支援腎部分切除術が可能かどうか,地域の医療機関を通じ,一度当院までご相談ください

ロボット支援手術について

ダヴィンチとは 対象となる手術 ダヴィンチのメリット 当院の実績 da Vinci (Si)のご紹介 よくあるご質問 お問い合わせ ダヴィンチとは 当院では、2013年7月に手術支援ロボットが導入されました。京都市内では […]
ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ