皮膚科

基本診療方針

 皮膚科全般で標準的な診療を目標にしています。特に,以下の疾患をはじめとする専門的な診療に力を入れています。詳しくは診療内容の項をご参照下さい。

・皮膚アレルギー疾患,アトピー性皮膚炎

・乾癬

・皮膚感染症

・皮膚潰瘍

・皮膚腫瘍(良性腫瘍,皮膚がん)

医師紹介

部長 竹中 秀也
たけなか ひでや
皮膚科全般,皮膚腫瘍,皮膚潰瘍・皮膚外科

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医・指導医
日本皮膚科学会皮膚悪性腫瘍指導専門医
京都府立医科大学特任教授

医長 奥沢 康太郎 
おくざわ やすたろう
皮膚科全般,皮膚アレルギー,乾癬,皮膚感染症,皮膚外科
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
医長 塩見 真佑
しおみ まゆ
皮膚科全般,皮膚アレルギー,皮膚感染症,皮膚外科
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
医員 山本 祐理子
やまもと ゆりこ
皮膚科全般

 

外来担当医表

皮膚科は2Cブロックの受付となっております。

 
4診 山本   奥沢   谷口
5診 塩見 伊藤 竹中

尾藤/山田

山本
6診 奥沢  塩見 山本 山本 奥沢
7診 竹中 奥沢 塩見 竹中 塩見

午後

パッチテスト     アトピー外来  

 

診療内容

 病診連携・院内連携を大切にして,地域の基幹病院として皮膚疾患全般に対する診療を行っています。診断の点では,皮膚アレルギー検査・皮膚腫瘍に対する拡大鏡を用いたダーモスコピー検査・皮膚生検などにより,正確な診断が出来るようにしています。また,治療では,薬物療法・光線療法・外科治療などで,国内レベルの標準治療が提供できるようにしています。

アレルギー性疾患

 接触皮膚炎・アトピー性皮膚炎などの湿疹群では,原因や悪化要因の探索を行い,適切な治療が出来るようにしています。接触皮膚炎・アナフィラキシー・薬疹などのアレルギー性疾患に対しては,パッチテスト・プリックテストなどにより原因検索を行っています。アトピー性皮膚炎に対しては専門外来を設け,スキンケアーなどのきめ細かい生活指導を行っています。また,通院で軽快しない方・急に症状が悪化した方への入院治療,アトピー性皮膚炎についての知識と理解を深めて今後の治療や日常生活に役立てていただくための教育入院を積極的に行っています。

乾癬

 慢性かつ難治性の炎症性疾患であり,悪化因子となる外的刺激を避けることなどの生活指導を行っています。近年,乾癬が肥満・高血圧・高脂血症・高血糖などのメタボリック症候群の危険因子であることが知られてきました。メタボリック症候群では,動脈硬化が過度に進行し,心筋梗塞や脳卒中などの脳心血管疾患のリスクが高まります。必要に応じて,検査を行い,内科などと連携して診療を行います。治療では,外用療法・紫外線による光線療法に加えて,オテズラ錠や免疫抑制剤の内服および生物学的製剤を導入しております。

皮膚感染症

 細菌・抗酸菌・真菌・ウイルスなどさまざまな病原体によるものがあります。各種の培養検査・抗体検査などによる正確な診断および薬物療法・温熱療法・手術療法などによる適切な治療を行っています。重症の蜂窩織炎・壊死性筋膜炎などの細菌感染症や帯状疱疹などのウイルス感染症では入院加療を行っています。

皮膚潰瘍

 日本でも欧米のようにメタボリック症候群の患者さんが増加しており,それを背景に血行障害に基づく皮膚潰瘍が多くみられます。末梢動脈疾患(PAD)や糖尿病によるもの,肥満・静脈瘤などを背景にした静脈性のもの,さらにはリンパ浮腫に起因するものなど下肢の皮膚潰瘍にはさまざまな原因があり,病態に応じた指導・治療が必要です。必要に応じて,他科と連携して診療しています。

皮膚腫瘍

 何よりも正確な診断が必要です。経験豊富な皮膚科医による診察,および超音波検査・CT検査・PET検査や皮膚生検など必要に応じた適切な検査により,治療方針を決めています。粉瘤などの良性腫瘍では,多くの場合に日帰り手術が可能です。高齢化社会を背景に皮膚がんが増加傾向にあります。有棘細胞癌や基底細胞癌などの皮膚がんは,切除術や植皮術などの手術療法を行います。症状によって,化学療法(抗癌剤),放射線療法,外用療法などを選択します。

診療実績

 2016年度の診療実績は,以下のとおりです。

・外来患者数:1日平均87.5人。初診患者数;年間1,265人,紹介率;67.6%。

・入院患者数:1日平均8.2人。年間265人,平均在院日数;9.9日。

・手術件数は:年間337件(入院手術46件,日帰り手術291件)。

診療体制と概要

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医研修施設

日本皮膚科学会認定生物学的製剤承認施設

 

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ