MENUMENU

病理検査

病理検査の様子

病理検査では、患者さんの体より採取した組織の病理診断をおこない、病気の診断・治療の上で大きな役割を果たしています。また病理診断科と連携し、手術中の迅速組織診断や病理解剖にも対応しています。

病理組織診断

病理組織診断イメージ

手術や内視鏡などで患者さんの体から採取された組織から標本を作製します。

これを病理医が顕微鏡で観察・診断し治療方針決定のための情報を臨床医に報告します。

術中迅速診断

手術中に採取された組織を迅速に標本作製し、病理医の診断結果を15分程度で手術室に報告します。

細胞診検査

細胞診検査イメージ

尿や喀痰、婦人科材料、穿刺液(胸水・腹水など)から標本を作製し異常細胞の有無や種類を診断する検査です。

病理組織診断に比べ負担や痛みが少なく、繰り返し実施しやすい検査です。

細胞検査士の資格を持つ臨床検査技師が担当しています。

病理解剖

お亡くなりになられた患者さんのうち、ご遺族の承諾を得られた場合に病理解剖させていただきます。
病理解剖から得られた情報は、今後の医療や診断の向上に役立てます。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ