多汗症に対する交感神経節切除術

 原発性局所多汗症の定義は,頭部・顔面,手掌,足底,腋窩に,温熱や精神的負担の有無にかかわらず,日常生活に支障をきたす程の大量の発汗を生じる状態を指します。局所多汗症の診断基準として,「局所的に過剰な発汗が明らかな原因がないまま6か月以上認められ,以下に示す6症状のうち2項目以上当てはまる場合である。⑴最初に症状が出るのが25歳以下であること⑵対称性に発汗がみられること⑶睡眠中は発汗が止まっていること⑷1週間に1回以上多汗のエピソードがあること⑸家族歴がみられること⑹それらによって日常生活に支障をきたすこと」

 発汗検査にはヨード紙法,重量計測法などがあり,当院では皮膚科で行っています。治療については,皮膚科学会のガイドラインに従って,塩化アルミニウムの外用治療がまずすべての部位に対して(手掌・腋窩・足底・頭部顔面)第一選択にすることが推奨されています。

 呼吸器外科で対象となるのはほとんどが原発性手掌多汗症です。手掌多汗症は,以下のアルゴリズムに従い治療が行われている場合がほとんどです。

 当院では,代償性発汗に対して説明をさせて頂いたあと,患者さんの強い希望がある場合に手術を行っています。手術は胸腔鏡視下に行うもので体表の傷は両側の腋窩に3ミリ程度の傷が2カ所ずつ付きます。術前日入院で術後入院期間は約2日です。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ