集中治療科

 医療は,2つの要素により支えられています。疾患を担当する「治療」と,症状や苦痛から患者を守る「ケア」です。両輪とも,質の高い医療において不可欠な要素です。

 集中治療は,高度な「ケア」を提供し,特に致命的な転帰を招く疾患に備えています。そしてあらゆる重症疾患からの救命を目指し,高度な医療介入を必要とする患者を受け入れます。人工呼吸器管理,補助循環,人工透析など,救命に欠かせない医療機器の使用には,専門的な知識,経験を有するスタッフによる,特殊な「ケア」が必要です。集中治療は,医師,看護師をはじめ,臨床工学士,薬剤師,理学療法士,管理栄養士,MSWなど,多職種による連携と協力により成立しています。

 京都市立病院集中治療科は,当院北館3階B病棟に位置し,ヘリポート専用エレベーター,中央手術室及びカテーテルインターベンション室と連続し,円滑な患者受け入れを可能としています。特に,重症の救急患者,高度な侵襲を伴う手術患者及び医療機器による治療を必要とした急性期の患者を対象とし,専属のスタッフを配置し,刻々と変化する病態に対し,24時間体制で行っています。さらに,医療の進歩に対応するために,集中治療専門医資格を有する専属医を配置し,若手看護師,研修医・専攻医,医療従事者の教育および臨床研究を通じ,病院全体の医療の質,地域医療の発展に貢献しています。

 京都の中心部に位置し,災害医療,救命救急など,地域の中核病院として社会的要請に応える当院においても,蘇生後の機能回復の質の向上,医療倫理など,集中治療の直面する複雑な課題が存在します。すべての集中治療科スタッフは,個々の疾患のみならず,疾患を取り巻く社会背景も含めた諸問題に,包括的かつ細やかに対応するため,力を合わせて日々の診療に取り組んでいます。

集中治療室の様子1 集中治療室の様子2 集中治療室の様子3

医師紹介

集中治療科部長 こおぐち くにひこ
小尾口 邦彦
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医) 日本集中治療医学会専門医
日本救急医学会救急科専門医
副部長 しもにはら なおこ
下新原 直子
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医 日本集中治療医学会専門医
医長
(麻酔科兼職)
やすもと ひろあき
安本 寛章
麻酔・周術期管理
日本麻酔科学会麻酔科専門医(指導医) 日本心臓血管麻酔学会専門医 日本集中治療医学会専門医
ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ