血管造影・IVR(医療関係者の方向け)

全身用血管造影装置 GE INNOVA4100IQPRO     心血管造影装置 PHILIPS AlluraClarityFD10

全例ブリーフィング・デブリーフィングの実施

 当院ではIVR全例に対して,ブリーフィング・デブリーフィングを行っています。
 ブリーフィング・デブリーフィングの目的は,患者が安全,安心かつ安楽に治療を行えるようにするためのものです。これらを実施することでIVRチーム内のコミュニケーションを円滑にして,報告・相談を躊躇なく行える効果があります。また,IVRチーム(医師・看護師・放射線技師等)がお互いの情報を共有し,協力を依頼できる場であると考えます。

当院のIVR症例

 放射線技術科では全てのIVR症例に対し放射線管理を行い、被ばく軽減に努めています。

IVR症例画像1 
マイクロバルーンカテーテルを用いた、肝細胞癌に対するバルーン閉塞化
TACE(肝動脈化学塞栓療法)  (IVR科・消化器内科 施行)

IVR症例画像2
シャントPTA(経皮的血管形成術)バルーンカテーテルによる透析シャント狭窄部の拡張(IVR科 施行)

IVR症例画像3
深部静脈血栓に対するIVC(下大静脈)フィルター留置 (IVR科・循環器内科 施行) 

IVR症例画像4
右椎骨動脈 動脈瘤コイル塞栓術 (脳神経外科 施行)

 

 

 

 

 

 

右冠動脈PCI(経皮的冠動脈形成術) (循環器内科 施行)

IVR症例画像6
PTCD(経皮経肝胆管ドレナージ)(IVR科 施行) 腹腔内膿瘍ドレナージ(IVR科 施行)

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ