救急画像検査部門

(写真左)救急専用64列マルチスライスCT (写真右)救急専用一般撮影(透視)装置


(写真左)ポータブル・一般撮影用フラットパネルシステム (写真右下)救急外来専用ポータブル撮影装置

保有装置

 当院の救急外来は,専用のCT装置,一般撮影装置,ポータブル撮影装置を保有しており,救急外来内に配置しています。

救急外来専用CT装置

 2016年3月に,救急外来専用CT装置として,64列マルチスライスCT Optima660 Pro Advance(GE社製)を導入しています。

フラットパネルシステム

 2017年3月に,ポータブル撮影・一般撮影時に利用するFUJIFILM製フラットパネルシステムを導入しています。

救急専用一般撮影(透視)装置

 2013年3月に,透視下検査・処置も行うことができる島津製撮影装置を導入しています。

スタッフ

 現在,時間外における救急(病棟も含む。)勤務のスタッフは,当直時間帯1名,日直時間帯2名で対応しています(時間外勤務対応職員:男性11名,女性8名の19名)。
 また,当科には救急撮影認定技師,日本救急医学会認定ICLS・BLSコースインストラクターが在籍しており,当科のICLS・BLSコース受講生も7名と,年々増加傾向にあります。チーム医療の一端を担う部門として,画像検査のみならず,救急診療に対するスキルも発揮していくことが重要と考えています。

救急(CT)画像カンファレンス

 2010年4月,厚生労働省よりチーム医療の推進について,診療放射線技師の更なる役割として「画像診断における読影の補助と検査説明」が明記されています。
 当科の取組として,2018年4月から,放射線診断科医師に講師を依頼し,主に救急で行った様々な症例のCT画像を題材にして,読影するための解説を週2回,開催しています。このカンファレンスを通して,重篤な画像は依頼医師へ迅速に指摘できる環境を拡げ,治療へつなげて行きたいと考えています。

実績

 2019年度の救急依頼のおもな年間施行数(人)

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ