循環器内科

基本診療方針

循環器内科で治療する病気は,心臓疾患(心筋梗塞,狭心症,心筋症,弁膜症,先天性心疾患),大動脈疾患,末梢動脈疾患,心不全,不整脈,肺血栓塞栓症です。 これらの緊急度の高い疾患,さらには急性循環不全,ショック,心肺停止等の急性異常疾患を対象としているため,24時間体制の診療で臨んでいます。入院ベッドは32床(CCU等の循環器救急専用病床2床を含む)を有し,日本循環器学会専門医を中心に最新の高度治療を行ない救命にあたっています。 日本循環器学会専門医研修病院,日本心血管インターベンション学会認定研修関連施設、日本内科学会認定医制度教育施設であり,研修医・専攻医等の若手医師の教育および研修を行っています。

医師紹介

部長

岡田 隆
おかだ たかし

冠動脈カテーテル治療
日本循環器学会専門医、日本内科学会認定医 日本心血管インターベンション治療学会専門医(指導医,代議員)
部長 (CCU)

島 正巳
しま まさみ

循環器科全般,集中治療
医長

中島 規雄
なかじま のりお

循環器科全般
日本内科学会専門医 日本循環器学会専門医
医長

松永 晋作
まつなが しんさく

循環器科全般,カテーテル治療
日本内科学会専門医 日本循環器学会専門医 日本心血管インターベンション治療学会認定医 日本心臓リハビリテーション学会指導士
医長

内藤 大督 
ないとう だいすけ

 

循環器科全般,カテーテル治療

日本内科学会総合内科専門医 日本循環器学会専門医 日本心血管インターベンション治療学会認定医 日本心臓リハビリテーション学会指導士

医員 

中村 陵子
なかむら りょうこ

 

循環器科全般

日本内科学会認定医

専攻医

岩越 響
いわこし ひびき

内科一般

外来担当医表

 
循環器概診 岡田 中島 内藤 中村 松永

予約

専門診

午前   岡田   松永 中村
内藤        
午後 中島 岡田   松永

中村

内藤        

診療体制と概要

外来診療

循環器外来には,月曜日から金曜日まで毎日2-3名のスタッフが,初診と専門診の外来診療に当たっています。 地域中核病院の一つとして,地域医療機関との病診連携を重視していますので,初診の患者さんは,かかりつけ医からの紹介状を持参していただく必要があります。緊急での受診以外の再診はすべて予約制です。病状の安定期には,かかりつけ医での診療をお願いしています。 外来では主に心電図,運動負荷心電図、ホルター心電図,心エコー,経食道エコー,血管エコー,冠動脈CT,心筋シンチグラムなどの非観血的検査を行っています。 心臓ペースメーカー外来は,毎月の第二火曜日(午後)に予約制で実施しています。機器の作動状況,電池の消耗度等を点検しています。

入院診療及び診療実績

入院診療の大きな柱は,心筋梗塞や狭心症をはじめとする虚血性心疾患が対象となります。これらの病気は心臓表面を取り巻く冠動脈の内腔が狭窄もしくは閉塞し、冠血流が低下し、酸素不足に陥ることで発生します。 そこで,まず血流障害の原因となっている冠状動脈の狭窄の進行度を冠動脈造影検査で調べます。そして狭窄病変を発見した場合は,風船つきカテーテルもしくはステント(金属性のコイルを円筒状に作成したもの)により血管内腔を拡大し,血流を回復して病気の治療をおこないます。 現在これらの処置は,手首の血管(橈骨動脈)より行なわれることが多くなり(約70%),従来の足の付け根(大腿動脈)より行なわれていた時に比較して,術後安静の負担がほとんどなくなり患者さんには好評です。 2013年度の冠動脈造影検査の総数は約430例で,これらのうち冠インターベンション治療が202例に施行されました。その80%近くの症例に冠動脈ステント(特に近年は、薬剤溶出ステント)を使用し再狭窄の軽減を計っています。また,夜間・休日を含めた24時体制の診療のなかで,緊急例は64例に及びました。 これらの処置での死亡、緊急冠動脈バイパス術等の重篤な合併症の発生は2013年度においては0件で終えることができました。しかし,これらの処置では常に生命を脅かすよう重篤な事態も報告されており,さらに最大限の注意を払って患者さんには安心して検査や治療を受けていただけるように努めています。 動脈硬化症が原因して血管内腔が狭小化あるいは閉塞して発生する病気は心臓に限らず、体のあらゆる部位で生じます。循環器内科が心臓と同様な方法(風船付カテーテルあるいはステント留置)により治療対象とする病気は、高血圧・心不全発生の原因が腎動脈狭窄症による症例、運動時の下肢痛や足指の壊疽の原因が下肢動脈硬化症による症例があります。このような病気の患者さんも最近は増加しています。当院でも、2013年度は78例に到達しています。 第二の診療の中心は心不全です。急性期には強心剤・利尿剤・血管拡張剤等の薬物療法を実施し、さらに薬物に反応が乏しい難治性心不全例には、機械的補助循環(IABP,PCPS)を駆使し,慢性期には臨床的有効性が確立された内服薬(ACE阻害剤,βブロッカー)を個々の病状に応じて選択し,QOLの向上と生命予後の延長を図っています。最近の心不全の入院患者さんは高齢化しています。そのため主病の治療のみならず心身機能の維持・改善にも配慮し,早期離床をすすめ寝たきりの防止に努めています。   その他,不整脈の緊急入院例も多数診療しています。抗不整脈剤,時に電気ショックを併用して整脈(洞調律)にもどすように治療しています。洞不全症候群,心ブロック等での高度徐脈を示す患者さんには心臓ペースメーカーの植え込みを行っています。2013年度は,新規植込み38例,電池交換9例でした。 循環器診療、特に心臓救急では患者さんの救命が最大の目的ではありますが,患者さんには快適で気持ちの安らぐ入院生活を過ごして頂けるよう病棟看護スタッフと緊密な連携して,個々の患者さんの病態に即したチーム医療の実践を心がけています。また,クリティカルパスを利用し入院期間の短縮にも心がけています。2013年度の平均在院日数は12.0日となりました。

将来の方向

地域基幹病院として,また市民のニーズに応える自治体病院として,心臓病患者さんを対象とした救急医療,高度専門医療を実践する循環器内科を目指しています。同時に当院は、医師卒後研修を目的とした臨床研修教育指定病院として厚生労働省の認定を受けています。外来・入院患者の方々には次世代を担う若手医師の教育・育成にご協力をお願いします。

施設基準・学会認定

日本循環器学会認定循環器専門医研修施設 日本心血管インターベンション治療学会認定研修関連施設

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ