京都市立病院看護部

メニュー
閉じる

専門・認定看護師

 

 

高度化・専門分化が進む医療現場において

 看護ケアの広がりへの対応と看護の質向上を目的に、専門・認定看護師を配置しています。

 専門・認定看護師は、各領域における看護実践はもとより、スタッフのスキルアップのための教育を行っています。

母性看護 1名 皮膚・排泄ケア 1名
老人看護 1名 救急看護 1名
がん化学療法看護 3名 新生児集中ケア 1名
がん放射線療法看護 2名 脳卒中リハビリテーション看護 1名
緩和ケア 1名 糖尿病看護 1名
乳がん看護 1名 透析看護 1名
感染管理 2名 認知症看護 3名
摂食・嚥下障害看護 2名 手術看護 1名

 

 

母性看護専門看護師

前田 一枝

 当院は、京都府下の産科2次救急施設として、母体搬送を含め他の病院や医院より紹介された合併症管理をもつ妊産婦の方の周産期管理を担っています。どの妊産婦さんも安心してまた、心身共に健やかに過ごし、新しい家族を迎えることができるように支援しています。

 母性看護専門看護師として、様々な医療スタッフを支援し、他の病院・医院、保健センターや児童相談所などと顔の見える関係性を作り、妊産婦さんと赤ちゃんやその家族一人一人に必要なケアが行き届くように、活動しています。

  またDVや虐待に対応する虐待対策チームと臨床倫理に取り組む倫理コンサルテーションチームの一員として、院内外で活動しています。

老人看護専門看護師

大田 恵子

 

 高齢者は入院することで老年症候群の出現や生活機能が低下することがあります。入院しても、入院前と同じような生活を送ることができ、少しでも心地よく生活することができれば、老年症候群の出現や生活機能の低下も予防できると考えます。
 患者様のそばにいる時間が長い看護師だからこそ、予防ケアに介入できると考えています。看護師も一緒に楽しみながら、急性期病院の高齢者看護実践を高めていきたいと考えています。

 

がん化学療法看護認定看護師

乾 和江 ・ 本田 薫 ・ 大柿 深雪

 がん治療の進歩により、内視鏡手術や放射線治療、がん薬物療法も、外来で実施することが増えています。がん化学療法看護認定看護師は、病棟や外来で、患者さんが安全・確実に、そして安心して治療を受けることができるよう支援しています。
 患者さんはがん薬物療法を受けることで、これまで通りの生活を続けることができたり、がんの症状を和らげることができる一方、治療に伴う副作用が出現するため、副作用症状を理解し、その対処方法を知って対応していかなくてはなりません。具体的な対処方法は、患者さんの受ける治療や症状の状態、生活状況によって変わってきます。私たち看護師は、患者さんと一緒に、実現可能なケアの方法をひとりひとりに合わせて考え、患者さん・ご家族が安心して治療を受けることができるようにサポートを行なっていきます。

 当院では、がん化学療法看護認定看護師は3名となり、2022年現在、外来化学療法センター、女性病棟、血液内科病棟に勤務しています。私たちの取り組みをご紹介します。

☆外来化学療法センター、血液内科病棟
 外来化学療法センターと血液内科疾患の患者さんをケアする病棟がワンセクションとなっています。
 外来化学療法を受ける患者さんは年々増加し合併症を持った高齢の患者さんの割合も増えています。早期から必要なケア介入が行えるよう、2021年度から外来化学療法センターで治療を受ける70歳以上の患者さん全員に、G8(Geriatric-8)を用いた高齢者機能評価を実施しています。評価結果をもとに医師・看護師・薬剤師・MSWによる多職種カンファレンスを実施し、化学療法を受ける患者さんに必要な支援が外来でも継続できるように取り組んでいます。2022年度からは、血液内科病棟の患者さんも対象として多職種連携による患者さんの支援を行っていきます。

☆女性病棟
 今年度は病棟再編成があったため、OJT(On the Job Training)でのスタッフ教育や学習会の実施、必要な資材の作成に力を入れています。また、AYA(Adolescent and Young Adult)世代や困難症例など、外来での診察同席や意思決定支援を実施し、関連職種や病棟との連携を強化していきます。

☆院内スタッフへの教育支援
 当院ではIVナース制度があり、3年目以上のスタッフが専門的な知識を得て抗がん剤投与を実施しています。毎年対象となるスタッフに向けて、がん薬物療法のケア、特に投与時のアセスメントとケア、急性の有害事象へのケアについての研修を実施しています。
 また、院内のがん関連の専門看護師や認定看護師と協働し、院内がん看護研修の企画・運営を行なっています。ELNEC-J研修では、院内外のスタッフを対象とし、スタッフのがん看護実践能力の向上に向けたサポートをしています。


☆曝露対策の実施
 抗がん剤投与時は、全ての抗がん剤で閉鎖式ルートを使用し、抗がん剤による曝露を最少限にする取り組みを行なっています。昨年度は、化学療法に関連する委員会において、化学療法を受ける患者さんやそのご家族に向けた説明用紙を多職種で作成し、運用を開始しました。

がん放射線療法看護認定看護師

杦岡 かおる

 放射線療法を受ける患者さんとそのご家族が安心できるように診察に同席し、治療を決めていくときにサポートします。治療開始後も治療そのものや副作用に伴う生活上の工夫について必要な情報を提供し、支援しています。患者さん自身が、治療に伴う有害事象のケアに主体的に取り組むことで有害事象の悪化を予防し、治療を完遂することができます。

 また、がん患者さんの就労支援として照射時間枠を延長し、治療を行っています。就労と治療の両立支援にも力を入れています。

中川 紀直

 2020年からがん放射線療法看護認定看護師として、がん看護に携わっています。放射線療法を受ける患者さんは様々な問題を抱え治療を受けておられます。安心して治療が完遂できるように、予測をしたケアを行いサポートしています。

 また、治療が終了してからも今後出現する可能性がある晩期有害事象についても多職種で支援しています。

緩和ケア認定看護師

吉田 克江

 緩和ケアは終末期になってからだけ受けるケアではなく、がんと診断を受けた時から受けるケアです。また最近では、がんだけでなく、心不全や神経難病など良性の疾患に対する緩和ケアも普及しつつあります。患者さんだけでなくご家族もケアの対象です。患者さんのその人らしさを大切に症状緩和だけでなく、どこでどのように治療を受け、過ごすのか相談し、患者さん・ご家族を多職種とともに支えられるよう日々活動しています。

 今年度は院内外の看護師のエンド・オブ・ライフケアの質の向上を目指して当院で開催したELNEC-Jの講師も初めて担当しました。

東 由加里

現在、緩和ケアチームとして以下の活動を行っています。
①緩和ケア外来で医師と共に症状緩和や不安などの心のケア、家族ケアを実施
②一般病棟で治療中のがん患者さんに対して緩和ケアチームとして多職種でサポート。
③外来や一般病棟から緩和ケア病棟へつなぐ役割

 主にがん患者さんとご家族を対象に、病からくる疼痛や呼吸困難、倦怠感、吐き気、便秘等の症状緩和、不安、気がかりなこと、日常生活で困っていることなどお聞きしています。
 多くの患者さんは痛みなどの身体症状だけでなく、心配事や様々な不安を抱えて生活をしておられます。丁寧にお話を聴き、今の患者さんの生活、これまでの生き方や大切にしてきたこと、そしてこれからの過ごし方を含めてその人らしい生活を支えるケアを提供しています。

 

乳がん看護認定看護師

荻野 葉子

 がん罹患率で女性1位は乳がんです。11人に1人が乳がんになるといわれています。

 乳がん患者さんとご家族を、告知や治療選択時などから 精神的に支え、患者さんが納得いく選択ができるように支援していきます。治療の合併症や副作用、症状に対してセルフケアが行えるようにサポートしています。乳がん手術後に起こることがあるリンパ浮腫の予防やリンパ浮腫を発症してからのケアにも力をいれています。

 毎週水曜日に、コメディカル外来で乳がん看護外来を行っております。

 院内研修では、がん看護グループの仲間とともにがん看護研修も行っています。

 当院の乳がん患者会“ビスケットの会”にも一緒に参加しています。

感染管理認定看護師

村上 あおい

 2020年が明けた1月、新型コロナウイルス感染症の患者さんの受け入れが始まりました。

 当院は、明治時代の公立避病院から続く長い歴史の感染症診療を地域に根付き第二種感染症指定医療機関としての役割を担い続けています。

 職員は、防護具の着脱など感染対策を確実に実践しながら、患者さんが安心できる療養環境を整えています。

 さらに、感染症看護を実践しケアの成果を実感できるよう目標をかかげ、重症化予防のための腹臥位療法、機能低下予防のためのリハビリテーション継続、転倒予防のための環境整備、退院後電話訪問による後遺症や社会生活上の不安軽減を目的とした支援を多職種で取り組んでいます。

 また、院内だけではなく京都府下の医療施設や高齢者介護施設へも出向き、新型コロナ感染症対策の啓発・クラスター支援活動を続けています。

 当院は、エイズ治療拠点病院としてHIV陽性患者さんの治療と生活を支える役割を担っています。HIV陽性患者さんの治療が負担なく継続され、生きたい場所で生活が維持できるよう支援しています。また、HIV感染症に関わる啓発活動について、地域や高齢者介護施設、教育機関などへも活動の場を広げようと考えています。
 外来においては、紹介患者さんを中心に初診時面談を行い、不安や病気の理解と周囲のサポート状況を聞き取り、継続した外来看護を実践します。

 

←寄付でいただいた手作りガウンです。大事に、使わせていただきます。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

水野 幸子 

 4月より病棟配属となり兼任として活動をしています。実際の現場でスタッフと共に動くことができるからこそ見える課題を抽出・検討するために、多職種を含め、現場の声をしっかりと聞くことを心掛けています。また、優先課題としている手指衛生遵守率向上においても役割モデルとなり、医療関連感染の予防ができるよう努めています。

 今後も、感染制御チーム(ICT)や感染対策リンクナースさんたちと共働し、院内感染対策の向上に取り組んでいきたいです。

 

摂食・嚥下障害看護認定看護師

長谷川 優子

 「食べる楽しみを支える」「安全に食べるを支える」を目指しています。超高齢化社会では入院中のみでなく退院後の生活の場につなげられることが必要とされており、受け持ちナース・NSTリンクナース、他職種・多職種と連携しています。病院内でできるベストと生活の場で長く継続できるベターとを、患者さんや介護をされるご家族・地域の医療関係者・社会資源と一緒に検討したり、退院前訪問や退院後訪問の機会も増やしていきたいと考えています。

 

森 茂子

 2017年からNSTラウンドのメンバーの一員として、2021年から摂食嚥下障害看護認定看護師として活動しています。

 摂食嚥下障害のある患者さんの「食べる」を擁護し、患者さんやご家族の意思決定を尊重できるように心がけています。

 他の専門職と協働して安全に食べれるための支援をして、地域に戻り、安心して生活できるように支援していきたいと思っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

白岩 喜美代

 皮膚・排泄ケア分野の専門は、創傷ケア・ストーマ(人工肛門 )ケア・失禁ケアで、病院内を横断的に活動しています。

◆2022年6月4日(土)褥瘡管理研修を開催しました

京都市立病院看護部キャリアラダーページ 院内研修の基本必須コース 褥瘡栄養管理コースの「褥瘡管理研修」を開催しました。ラダーⅠの看護師と他ラダーの希望者を対象に、褥瘡管理に必要な基礎知識について講義と演習、動画視聴を行いました。文献やインターネットで検索してもわからない実践部分の内容や根拠を中心に、日頃看護を実践する中で “これで良いのかな・・・”と不安に思っていた事項が、“研修で教えてもらったから大丈夫”と自信を持ってできる事が増えるようにという願いを込めました。

救急看護認定看護師

寺崎 昌美

 救急看護は、幅広い分野で多種多様な患者さんの対応が求められます。院内の患者さんの急変、ICUに緊急入室・退室時の重症スコア(SOFA)を参考に検証を行っています。また、地域住民の相談、緊急・救命処置の指導を行い、他職種や地域との連携を行っています。

 災害関係は災害発生時に院内外で活動できるよう、日本DMAT隊員、災害支援ナースに登録しています。現地での災害支援活動や、研修の企画・訓練の支援を行っています。

 

新生児集中ケア認定看護師

市田 育子

 地域母子医療センターとしてハイリスク妊産婦・新生児を受け入れています。急性期にあるハイリスク新生児の治療・発達促進に向けてケアしています。また、当院NICUは半個室化となっており『家族の始まりを支える看護』を目標に、カンガルーケアなどの愛着形成支援や母乳育児支援に力を入れています。NICU看護は入職してからの学習が多く、PNSでのサポートに加えて、2020年度より新生児看護研修を開始し安心して働ける環境調整もしています。NCPR・Sコースも定期的に開催しシミュレーション教育にも取り組んでいます。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

的野 早苗

 3D病棟の脳卒中センターで勤務しています。 脳卒中は脳の血管が閉塞や出血を起こし、突然、意識障害や麻痺、呂律が回らなくなったりする疾患で、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血が代表的な疾患です。脳卒中は日本での死因の第4位、寝たきり要因の原因疾患の第1位で早期の治療と早期リハビリが重要です。

 当院には脳卒中センターがあり、急性期の脳卒中患者さんを受け入れています。脳卒中急性期の患者さんの重篤化回避のための観察とケアを行い、患者さんに応じた早期リハビリテーションが行えるように援助しています。また、多職種でカンファレンスを行い、患者と家族の目標を共有し患者の生活再構築のための援助を行っています。脳卒中は再発しやすい疾患であり退院後も注意が必要なため生活指導なども行っています。

 患者さんがこれからもその人らしく生活できるよう患者と家族を支え、自宅への退院や回復期リハビリテーション病院へのスムーズな転院ができるよう援助したいと考えています。 スタッフとは部署カンファレンスの中で脳卒中患者の事例検討や勉強会をしています。これからも脳卒中看護の楽しさを共有し、患者の回復を患者・家族ともに喜んでいきたいです。

糖尿病看護

山内 光子

 2019年1月31日(木)訪問看護ステーションアドナースの皆さんとフットケアの勉強会を行いました。当院を通院している患者さまが、生活の場でも安心して足のケアを受けられる環境づくりを行っていきたいと考えております。勉強会では、アドナースの皆さんと症例検討をしたり、爪切りやシャボンラッピングの方法を実演したりしました。            

透析看護認定看護師

竹下 紀子

 「腎臓の障害」もしくは「腎機能の低下」が3か月以上続く状態を慢性腎臓病と言います。

 慢性腎臓病の発症には糖尿病などの生活習慣による動脈硬化が関与しており心血管疾患の原因にもなりうる怖い病気です。透析看護認定看護師として慢性腎臓病の患者さんが安心して治療をうけながら生活が送れるように以下の活動をしていきます。

  1. 腎不全早期の方を対象に病気の進行を遅らせ、透析導入を予防するために定期的に腎臓病教室を開催しています。
  2. 腎不全の病状が進んだ方を対象に、自分に合った治療法を選ぶために療法選択外来を実施しています。
  3. 透析導入に至った方には安全で効率のよい透析治療が受けられる様に支援します。

認知症看護認定看護師

坂口 かおり

 超高齢化社会である現在、当院にも急性期医療を必要とする認知症の方が多く入院されます。認知症は脳の病気で脳の機能が低下することにより、過去のことを思い出せなかったり、最近の出来事を覚えられなかったりします。このほか、時間や場所、人間関係などを把握する能力(見当識)も低下するため、入院という環境の変化に適応するのが大変な方も多いです。  

 認知症看護認定看護師として、上手に伝えることのできない認知症の方の抱える不安やストレスに対応し、患者の尊厳に配慮した看護ができるよう、日々奮闘しています。

 当院には、多職種で構成された認知症ケアチームがあり、認知機能の低下した方が必要な治療を安心して受けられるよう、患者様の精神症状が落ち着いて過ごせる為の活動を行っています。

★ 地域との連携
当院の受診をきっかけに認知機能低下が明らかになった方が、今の生活を継続または、よりよくできるように地域と連携して介入をしていきます。
また、市民の方への健康教室も行っていますので、ご依頼ください。

★高齢者サポートケアチームでは不定期で「はっぴ~シニア」を発行しています。ただいま第6弾まで発行中。(2月現在) 認知症に限らず、高齢者の生活にヒントとなる内容を記載していますので、興味のある方はご連絡ください。

北川 陽子

 認知症サポートチームの一員としてカンファレンスや院内ラウンドを行っています。チームには看護師だけでなく医師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、栄養士がおり、認知機能が低下していても安心して急性期治療が受けられるよう活動しています。

 私自身は脳神経外科、神経内科の病棟で勤務し、脳血管疾患によって認知機能が低下してしまっても、その時々のニーズをキャッチし患者さんが安心・安全にリハビリや検査、治療ができるよう日々スタッフとともにケアの検討・実践を行っています。

 認知症であっても安心して入院して頂けるよう、目の前の患者さんに寄り添い、日々活動していきたいと思います。

阪野 真弓子

 

手術看護認定看護師

堤 佳代子

 当院では、日帰り手術から難易度の高い手術や手術支援ロボット(da Vinci)による低侵襲手術まで、幅広い手術を積極的に行っています。その中で、手術を受ける患者さんは高齢化が進み、認知機能の低下や複数の疾患を抱えておられるなど、ハイリスクな患者さんも増加しています。また、在院日数の短縮化に伴い、前日入院が多くなっているため術前からの十分な情報収集と全身状態のアセスメントを多職種で行い、退院後を見据えた術前での関りが重要となっています。そして手術後は、痛みによって離床が妨げられると食欲が低下し、消化機能が回復しないなど悪循環となり、さらに術後せん妄発生のリスクが高まります。そのため、疼痛管理を軸とした術後管理が必要となり、当院では、PCAポンプ装着患者に対して、手術翌日に多職種によるAPS(Acute pain service)チーム回診を行い、疼痛の評価と薬剤調整を行っています。

 患者さん・ご家族が「手術を受ける」と意志決定された時から、無事に手術を終えられ術後回復されるまでの一連の過程を多職種と連携することで、患者さんが1日でも早く入院前のもとの生活に戻って頂けるように、安全で安心な周術期看護の提供を目指して、取り組んでいきたいと思っています。