京都市立病院看護部

メニュー
閉じる

看護部概要

私たちの理念

1.患者さんの権利を尊重し、安心できる心のこもった看護を提供します。
1.専門職として科学的で創造的な看護を目指します。
1.医師および他部門との信頼関係をもって協働します。

看護部長挨拶

「一人ひとりの心に響く看護をとどけたい」 桑原安江

看護部長 桑原安江 高齢社会が進む中、私たち京都市立病院看護部は、「一人ひとりの心に響く看護をとどけたい」をテーマに、患者さんの「その人らしさ」を尊重し、ご家族の皆様にも納得し満足いただける看護の提供に取り組んでいます。これは、高い倫理感と科学的根拠に基づいた確かな看護実践であり、私たち看護職にとっても、互いに「心に響き合う」看護という意味があります。さらに高齢社会が進展する現在においては、地域包括ケアシステムにおける急性期病院として、地域の医療・介護・福祉関連の皆様との強い連携をしていくという重要な意味があると考えています。
  当院は、急性期医療を適切に届けるために、系統的な教育システム「キャリアラダー」を基盤に、生涯にわたって、専門職として成長し続けるプログラムを構築しています。教育体制を充実させてスペシャリスト(専門看護師、認定看護師)と連携し、常に最新の水準で看護を実践できる人材の育成に力を注いでいます。特に、新卒看護師の皆さんには、集合研修とOJTを連動させながら「パートナーシップナーシングシステム」を活用して、安心して適応し成長できるよう、「大切に育てる」システムを準備しています。
 
  皆さんとともに、プロとして誇りとやりがいをもって働き続けるよう、頑張っていきたいと思っています。

勤務体制

  1. 三交代を主として、一部変則二交代を導入している。
  2. 夜勤体制は原則3人夜勤とする。
  3. 一般病棟においては7対1入院基本料算定基準の配置とし、特別加算病床においても施設基準を満たす配置とする。
  4. 月平均夜勤は72時間を上回らないようにする。