MENUMENU

地方独立行政法人として,新たなスタートを切りました。

 京都市立病院及び京都市立京北病院は,平成23年4月1日に,「地方独立行政法人京都市立病院機構」として新たなスタートを切り,同日,京都市長から業務運営に関し,中期目標による指示を受けました。  地方独立行政法人化後は,より自律的・弾力的な病院運営が可能となる地方独立行政法人のメリットを最大限に生かし,患者の皆様のニーズ等により一層機敏かつ柔軟に対応する一方で,これまでと変わりなく,感染症医療,救急医療やへき地医療など,不採算であっても市民の皆様に不可欠な政策医療を,自治体病院としてしっかりと提供してまいります。  さらに,医療制度改正などの病院の経営環境の変化に対して迅速かつ弾力的に対応することで,診療収入等の収益の確保や適正かつ効果的な費用の執行を図り,長期的に安定した経営基盤を確立し,医療の提供と健全な病院経営の両立を図ります。  また,今後も必要な医療を提供し,市民の皆様の健康の保持増進等に資するためには,地域の医療,保健,福祉サービスの提供に尽力されている皆様との連携が欠かせないことから,より多くの皆様と連携を深めていくことで,地域の医療水準の向上にも寄与してまいりたいと考えています。  患者の皆様の目線に立った,満足度の高い医療サービスを提供していくことにより,両病院が,これからも,そしていつまでも市民の皆様に頼りにされる存在であり続けるよう,すべての職員と力を合わせて取り組んでまいります。  今後の機構の活動へのご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

地方独立行政法人京都市立病院機構

理事長  内藤 和世

ページの先頭に戻る