低侵襲手術の取組

胸部手術手法の いま・むかし

 かつては,肺がん・転移性腫瘍・縦隔腫瘍といった胸部腫瘍疾患に対する手術では,20cm以上皮膚を切開して,肋骨と肋骨の間の筋肉にも切開を加え,肋骨の間を開胸器という道具で押し広げて,直接目で視て手術を行っていました。

 京都市立病院呼吸器外科では,胸腔鏡(カメラ)を利用した,身体への負担の少ない低侵襲手術を1990年後半から取り組んできました。

 胸腔鏡手術とは,小さな穴から内視鏡カメラと手術道具を挿入して行う手術のことで,皮膚の切開線も,4cm・2cm・2cmの3カ所だけで済み,肋骨間の筋肉を切開する量が少なく,肋骨を押し広げたりしないので,身体に与えるダメージが格段に低く,術後の疼痛もずいぶん軽減されます。

  胸腔鏡手術は,胸腔鏡下手術,内視鏡手術,内視鏡下手術,ビデオ補助手術などと呼ばれることもあります。

胸腔鏡手術の対応事例

 当科では,腫瘍性の疾患だけではなく,気胸・膿胸といった胸膜疾患や,無症筋無力症に対する胸腺切除術,多汗症に対する交感神経切断術にも適用しています。

 胸腺切除術も従来は,前胸部正中(真ん中)20cm皮膚切開し,前胸壁の胸骨を真ん中で切断する胸骨正中切開アプローチにより行われており,ストレスにより症状悪化の危険がある無症筋無力症の手術としては,大きな侵襲(手術創)を行うものでした。しかし,今では,胸腔鏡を用いて胸腔内二酸化炭素加圧を併用することにより,良好な視野を確保して安全に手術を行うことができるため,胸部の両側面に1.5cmの皮膚切開線を3箇所ずつつけるだけで,手術による侵襲を格段に抑えることができます。

 多汗症に対する交感神経切断術では,径の細い胸腔鏡を用いることで,両わきに3mm程度を2カ所ずつ切開するだけで手術ができるため,美容的要素の面からも非常に優れた適用です。

 こういった手術により,長年,完全胸腔鏡鏡視下手術の研鑽を積み,現在では年間200例近くの手術のうち,約90%を完全胸腔鏡視下に行っており,延件数も1,500例を超えています。

 また,当院では,2013年7月以降,ロボット支援胸腔鏡視下手術も取り入れており,肺がん・縦隔腫瘍性疾患・無症筋無力症に対する低侵襲手術も行っています。

 ※ 一般に,胸腔鏡視下手術のうち,「完全」がつくものは,鏡視下のみで行った手術を指します。

患者さんへ

 京都市立病院呼吸器外科では,呼吸器内科・放射線診断科・放射線治療科と週に1回合同カンファレンスを開催し,患者さんへの治療方針についてコンセンサスを形成しています。その治療方針に基づき,患者さんへのわかりやすい説明を心がけています。また,治療前・治療後の地域の医療機関との連携を積極的に行っておりますので,是非,かかりつけの医療機関にご相談いただき,当科へお越しください。

 京都市立病院呼吸器外科のページは,こちらから。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金)/ 午後2時~午後8時(小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ