副作用かなと感じたら…

 薬の副作用には,量が多い場合にあらわれる場合(いわゆる「効きすぎ」)と,量に関係なくあらわれる場合があります。
 「効きすぎ」の場合,患者さんに最も適した量が決まるまでの間(薬の量を調節している間)に起こることがあります。また,そのときの病状・症状や体調によって,同じ量の薬でも「効きすぎ」てしまう場合があります。
 その他に,食後の薬を食前にのんでしまったり,量を間違えてしまったり,一度に2回分の薬をのんでしまったときなどに起こります。
 量に関係なく起こる場合は,アレルギーや特異体質などがあります。処方された薬が患者さんの体質に「合う」か「合わない」かは,事前に予測することが難しく,時として「合わない」ことがあります。
 いずれの場合でも,副作用かなと感じたら,遠慮せずに薬剤師または医師にご相談ください。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ