ロボット支援手術について

手術支援ロボット ダヴィンチ  da Vinci

ダヴィンチとは

当院では、2013年7月に手術支援ロボットが導入されました。京都市内では、2つの大学病院に次ぐ3番目の導入となります。ダヴィンチは、これまでの腹腔鏡を用いた手術に比べ、より安全で、より安定した精度の高い手術が可能となり、患者さんへの身体的負担も少なくすることができます。

操作部ロボット部、映像カート

A. 術者の見る映像

ロボット部の内視鏡によって、操作部に3D(3次元)の高精細拡大映像が送られてきます。術者は、手元で、組織や鉗子を細部まで確認することができます。

術者の見る映像

B. 術操作の伝達

緻蜜な動作が必要とされる手術。操作の際、術者の手の動きは実際よりも小さな動作に変換され、手ぶれも取り除かれてロボットアームに伝わります。

術操作の伝達

C. ロボットアームの関節

鋏や鉗子などを取りつけるアームは関節を備えています。人で言えば手首にあたりますが、人の手以上に自由に動かすことができます。

ロボットアームの関節

対象となる手術

保険適用

先進医療

ロボット手術のメリット

患者さんの身体への負担軽減
ダヴィンチ手術は、患者さんの体に小さな穴を開けて行う傷口が小さい低侵襲の手術です。
そのため、「傷口が小さい」「出血量が少ない」「手術後の痛みを軽減」「回復が早く短い入院期間」といったメリットがあります。
精度の高い手術
ダヴィンチでは、術者が拡大された立体画像を見ながら,手ぶれを自動補正された大きな動きで,細かな手術操作を繰り返していきます。高精度の映像でより細部まで確認でき、従来の手術では届きにくかったところまでロボットのアームが届き、実際の手では困難な動きも可能としますので、これまで取りにくかったがん病変まできれいに取り除くことができることから「再発を減らす」「合併症を減らす」可能性も高まります。

当院の実績

泌尿器科

前立腺がん、腎がんのロボット支援手術について
ロボット支援手術はすでに前立腺がんに対する手術では保険がきき、当院でもすでに200名に近い患者さんがその恩恵を享受されております。ダヴィンチ手術支援ロボット専用の手術室の効率的な運用で、手術まで長期間お待ちいただくことなく治療が可能です。
2016年4月、腎がんのロボット支援手術に保険がきくようになりました
当院では、腎がんに対する腎部分切除術においても積極的にロボット支援手術を行ってまいりました。
2016年4月、待望の、ロボット支援手術の腎がんに対する保険適応を受け、同手術施行のための厳しい施設基準をいち早くクリアし、引き続き保険診療で積極的に行っております。腎がんに対するロボット支援腎部分切除術は、患者さんに負担をおかけすることなく、1)がんを完全に治すこと、2)術後も腎の働きをできる限り保持すること、という、相反する二つの目的を両立させることが可能な理想的な手術です。

前立腺がんや腎がんと診断され、地域の医療機関を受診中の方は、かかりつけの先生を通じ、一度当院までご相談ください。

対象疾患と実績

  H26 H27 H28
前立腺がん 66 53 52
腎がん 10 13 16

消化器外科

2013年度手術支援ロボットda Vinci (Si)が配備されたことを受けて、ライセンスを持つ医師2名を中心にロボット支援胃癌手術の準備を進め、倫理委員会の承認を経て、患者への充分なインフォームドコンセントのもとに開始し、20例以上実施しています。

対象疾患と実績(H26からの経年)

  H26 H27 H28
胃がん 15 12 2

手術支援ロボットda Vinci (Si)のご紹介

ダヴィンチの仕組み

ダヴィンチは「操作部」「ロボット部」「映像カート」の3つの機器で構成されています。患者の間近に設置されたロボット部のカメラが捉えた患部画像を映像カートで3-D画像化し、術者はこれを操作部で見ながらロボット部の鉗子を操作して手術を行います。

操作部

操作部

医師がロボット部の鉗子を操作する機械です。拡大された高解像度3次元立体画像を見ながら、手足、視覚を駆使してダヴィンチを操作します。画像が3次元化されたことにより、従来の腹腔鏡下手術と違い、奥行きを読み取って鉗子を動かすことができるようになり、より正確かつ安全に手術を行うことが可能になりました。

ロボット部

ロボット部

操作部からの指示を受けて、医師の手の動きを正確かつ繊細に再現して、手術を行うのがロボット部です。ロボット部は3本の鉗子を取り付けるアームとセンターの内視鏡カメラを取り付けるアームからなります。アームに取り付けられる鉗子には人間のように関節があり、腹腔鏡下手術では不可能だった「手」のような動きを再現できます。ロボット=オートメーションではなく、手術操作は医師が行います。

映像カート

映像カート

高解像度の3次元(3D)ハイビジョンシステムを搭載しています。ダヴィンチを操作している医師以外のスタッフは、映像カートのモニタを見ながら、術中の様子をリアルタイムに把握でき、手術をサポートします。

ダヴィンチの特徴

鉗子の多関節機能

鉗子などを取り付けるアームの関節の可動域は大きく、人の手よりも自由で詳細な動きが可能です。その再現精度は極めて高く、スムーズであり、患部に直接触れているような感覚で手術することができます。

手ぶれ防止機能

術者の手先の震えが鉗子に伝わらないよう、手ぶれを制御する機能が搭載されています。細い血管の縫合や神経の剥離など、高い集中力を必要とする精緻な作業でも、正確に操作をすることができます。

3-D画像

術者は3次元カメラによる鮮明で奥行きのある画像を見ることができ、3Dの高精度拡大画像で組織や鉗子を細部まで確認しながら手術を進めることができます。

よくあるご質問

Q:ロボット支援手術って何ですか?
A:ロボット支援手術というと「ロボットが人に代わって自動で手術をしてくれる」と思われる方も多いのではないでしょうか。しかし、このロボットは少し違います。自動で動くのではなく、外科医が3D映像を見ながら遠隔操作し、人よりも精密な動きができるロボットを操って手術をするのです。
Q:ロボット支援手術の良いところは何ですか?
A:メスやカメラの小さな侵入口だけあれば手術できるので、患者さんの負担が少なくて済むのはもちろん、このロボットには4本のアームがあり、人の手よりも多くの関節を持っています。スムーズに動くだけでなく、手ぶれを補正し、より精密な手術ができます。
Q:どんな病気でもダヴィンチで手術することができますか?
A:手術が必要となるすべての疾患で、ダヴィンチによる手術が行えるわけではありません。ダヴィンチを導入している施設では、泌尿器科や一般消化器外科、胸部外科、婦人科などで使用されています。当院では、「前立腺がん」「膀胱がん」「腎がん」「胃がん」「肺がん」等を対象とします。
Q:費用はどのくらいかかりますか?
A:2012年の4月より「前立腺がん」が、2016年4月より「腎がん」が保険適用となりました。そのため、先進的な医療であるにも関わらず、医療費の負担は従来の手術とあまり変わりません。
また、2015年には当院におけるダヴィンチを用いた「胃がんの胃切除術」が、一般の保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の医療である「先進医療」として全国で4番目に認められました。先進医療にかかる部分の費用は患者さんが全額自己負担することになりますが、診察、投薬、入院料などは保険診療が可能であり、一部負担分については高額療養費制度(※)の対象にもなります。
その他の疾患については、保険適用ではないため自由診療となります。自由診療の場合、全額自己負担となります。
※ 医療費が、暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額が支給される制度。区役所等での申請が必要です。

お問い合わせ

患者さん

京都市立病院 電話番号 075-311-5311(代)

医療機関の方

地域医療連携室 電話番号 075-311-6348

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ