例1.食道癌の内視鏡的摘出

 

 

 

消化器内視鏡医は内視鏡で食道癌を発見(左図)すると、1ミリ程度の小さな組織を鉗子でつまんで病理に提出します。病理医はその顕微鏡標本(右図)から食道の病変が癌であることを確定します。 

病理で癌が確定されたので、内視鏡医は内視鏡下に癌を摘出し(左図)、病理に摘出した組織を提出します(右図)。 

病理医は提出された臓器を詳しく調べ、(1)癌の広がりと深さ、(2)癌の性格、(3)取り残しの有無、(4)内視鏡所見と病理所見の対比(術後に検討会を行って診断精度を高める)、などを行います。

 

摘出組織を固定し(左図)、そこにルゴール液をかけて癌の範囲を決めます(右図)。右写真の白っぽい部分に癌があります。この手法は内視鏡でも癌の範囲を決める目的で行われています(対比)。 

実体顕微鏡で食道の血管網を観察し、癌の深達度を推定します。食道内視鏡ではNBIという手法で同様の事を行っています(対比)。右は画像解析で血管網を強調した画像です。 

標本を2-3mm間隔で全割して、顕微鏡標本を作って癌の広がりと深さのマッピング(病変の広がりの地図)を行います。それによって追加治療の必要性、予後の推定などが可能になります。

 

 

ピンクと紫の上の写真は、癌の組織を4ミクロン(1mmの1/250)の厚さに切ってヘマトキシリン・エオジン染色によって細胞を染め分けたもので、私たち病理医は顕微鏡で細胞の姿をみて診断を行っています。 

 

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ