血管造影・IVR(受診される方向け)


全身用血管造影装置 GE INNOVA4100IQPRO  心血管造影装置 PHILIPS AlluraClarityFD10

太ももの付け根、あるいは腕の血管に局所麻酔下で針を刺して、そこからカテーテルと呼ばれる細い管を挿入して目的の血管へ進め、その管の先から造影剤を流し血管の撮影を行い診断します。

診断の結果により、つまった血管や細くなった血管があれば広げたり、外傷などで破れて出血した血管があればつめて止血したり、がんを養っている血管があれば、抗がん剤を注入して血管をつめたりするIVR(アイ・ヴイ・アール)という治療を行います。

頭部血管造影


頭部の血管造影像です。血管が造影剤により黒く写ります。

腹部血管造影


腹腔動脈という腹部の血管です。右図矢印の部分に肝臓がんの像が見えます。

心血管造影

心血管造影
冠動脈と呼ばれる心臓の血管です。これがつまると心筋梗塞になります。

次にIVRの一例として下肢動脈血管拡張術の画像を見てみましょう。

① 浅大腿動脈という太ももの血管が細くなっています。
① 浅大腿動脈という太ももの血管が細くなっています。
② 糸のように細かった血管もきれいに広がりました。
② 糸のように細かった血管もきれいに広がりました。

当院での血管造影・IVRは、全例、放射線技術科が参加し放射線管理を行うことによって被ばく軽減に努めています。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ