肺がんドック はじめます。

 27年度の日本人の死亡原因の第1位はがんで,129万人のうち38万人が何らかのがんで亡くなっています。がんで亡くなる方のうち,最も多いのが,「肺がん」で,年に7万4千人の方が亡くなっています。「肺がん」は,ある程度進行してからでないと症状が出ないため,気づいてからでは手遅れとなることも少なくありません。がんは,早期発見,早期治療により死亡率を下げることができます。

 毎年健康診断を受けられている方も,是非受診してみませんか?

1 肺がんドックはこんな方にお勧め

・ たばこを20年以上喫煙している

・ 男性40歳以上、女性45歳以上の方

・ 家系にがん歴のある方

・ 呼吸器等に自覚症状をお持ちの方(せき・たん・胸痛など)

・ 同居者にスモーカー(同じ空間でタバコを吸っている)がいる

・ 結核と言われたことがある

・ 粉塵曝露歴がある(石綿(アスベスト)など)

2 検査内容

  大きく3種類の検査を行うことで,検査の精度を上げています。

・ 低線量胸部単純CT

  一般的な検診で撮影される胸部X線画像では、臓器に隠れた病変部を見逃す場合があります。CT検査では体の輪切り(断面)の画像を撮ることにより、周りの臓器に影響されず、詳細に肺の状態を知ることができます。当院では64列CTを使用することで、数秒程度の息止めで高精細な画像が得られ、さらに被ばく量を通常の胸部CTの6分の1程度まで抑えた検査を行うことが出来ます。

ll

 

 

写真左は、胸部X線検査

写真右は、胸部CT検査

 

 

 

・ 喀痰細胞診検査

 痰に混じった細胞を顕微鏡で調べ、がん細胞がないかどうかを調べる検査です。

・ 腫瘍マーカー(CEA,CYFRA,ProGRP)

  腫瘍マーカーとは,がんの存在によって血液中に増加する物質を測るものです。

  肺がんを組織型で分類すると、腺がん・扁平上皮がん・大細胞がん・小細胞がんと大きく4つに分類されます。下記の3種類の腫瘍マーカーを調べることで,肺で起こる異常を広く分析し,精度を高めています。

   CEA:特に腺がんを調べるマーカーで,喫煙や炎症性疾患、肝硬変、糖尿病でも高い値となります。

   CYFRA:特に扁平上皮がんを調べるマーカーです。腺がん,大細胞がんなどの非小細胞がんでも高い値となります。

   ProGRP:小細胞がんを調べるマーカーです。

3 料金

  23,690円(税込)

4 開始時期

  平成28年11月1日から

5 その他

  当院健診センターのページは,こちら

  呼吸器内科のページは,こちら

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

午後4時~午後7時
平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ