静脈血栓症対策チーム

 足を動かさずにいる時間が長いとふくらはぎの筋肉の深いところの静脈にできてしまう「血栓」、それが血流に乗って飛んで行き肺の動脈に詰まって生命をも奪いかねない病態に進展することがあります。「エコノミークラス症候群」として知られる静脈血栓塞栓症(=VTE)は、入院中の患者さんが急変する可能性のある恐ろしい合併症として広く認識されています。

 私たち京都市立病院VTE対策チームは、VTEと診断された患者さんの診療を迅速かつ円滑に進めるために、2009年2月に医師・看護師・臨床検査技師の有志5名で発足しました。現在は医師・臨床検査技師・薬剤師・放射線技師からなる10名で活動しています。

 いろいろな予防策を講じても、完全にはVTEの発生を防ぐことはできません。私たちは、京都市立病院の入院患者さんから、重篤なVTEで亡くなるかたをひとりも出さないという目標を掲げています(チーム発足以来の院内発生致死性肺塞栓:ゼロ)。さらに、ちょっと運動すると足が痛だるくなる・むくむといった後遺症(血栓後症候群)に苦しむ患者さんを一人でも減らすため、血栓をできる限り消失させることを目指した積極的な治療を提案しています。

ページの先頭に戻る

京都市立病院

〒604-8845 京都市中京区壬生東高田町1の2

駐車場についてはこちら

TEL:075-311-5311(代)  
FAX:075-321-6025(代)

診療受付時間

平日(月~金) / 午前8時30分~午前11時

面会時間

平日(月~金) / 午後2時~午後8時 (小児科は午後7時30分まで)
土・日・祝 / 午前10時~午後8時

救急受付時間

外来診察時間以外,随時(内科系,外科系,小児科)

患者紹介FAX用紙ダウンロードはこちら

院内マップ