地方独立行政法人とは

地方独立行政法人は,地方自治体が地方独立行政法人法に基づいて設立し,事務事業を行わせる個別の独立した法人です。

地方独立行政法人の運営については,地方自治体の長が議会の議決を経て中期目標を設定し,地方独立行政法人が中期計画を定めて長の認可を得て事業が行われます。また,事業年度ごとに地方自治体の評価委員会が評価を行うほか,中期目標期間ごとに,地方独立行政法人から議会へ報告が行われます。このような仕組の下,内部組織,人事等の決定は,地方独立行政法人独自で行われます。

また,病院事業などの公営企業型地方独立行政法人では,その性質上,能率的な経営を行ってもなお事業の経営に伴う収入のみをもって充てることが客観的に困難であると認められる経費等については,地方自治体が負担することとされています。

地方独立行政法人制度の仕組については,こちらをご覧ください。

地方独立行政法人制度の仕組

ページの先頭に戻る