京都市立病院看護部

メニュー
閉じる

ナースマン過去分

ナースマン 現在ナースマンは20名。手術室をはじめ救急室、集中治療室、内科系病棟、外科系病棟で働いています。

ナースマンからのメッセージ

整形外科病棟 副師長 川勝  整形外科病棟の副師長の川勝です。(左から2人目)  光陰矢のごとし、京都市立病院に就職し11年もの月日が経過しました。看護師になってから、外科・整形外科・神経内科を経て、現在は整形外科・歯科口腔外科病棟の副看護師長として勤務しています。 早い展開に着いていけず挫けそうになりながらも、尊敬できる上司や先輩に助けてもらいがむしゃらに過ごした新人時代。自分が中堅になるにつれ「新人さんを仕事や人間関係が嫌で辞めさせたくない」という思いが強くなり、困っていることがないか積極的に関わりを持つように努めています。  また、患者さんが安心して自宅に帰れるように「おうちに帰ろう」を合言葉に、副看護師長会で取り組み、退院支援の仕組み作りやリンクナース教育にも携わっています。  8年目で副看護師長に任命されてからも、まだまだ未熟者のため上司や先輩から指導をいただきながら「何でも言い合える風通しの良い働きやすい職場」を目指し、日進月歩の医療や看護のなかで新しいことにも臆することなく日々邁進しStep Upしていく必要性を感じています。  私が就職した時にはナースマンは片手で数えられるだけの人数でしたが、現在は看護師全体の4%の20人まで増えとても嬉しく思っています。昼の休憩時間などに、仕事などの悩みを打ち明けたり聞いてもらったりする男性休憩室は病院の中のオアシスです。  ナースマンはプライベートでの付き合いも多く、ゴルフにバレーボール、雪山に食事会なども開催して公私ともに仲良く楽しく働いています。ナースマンの入職を心よりお待ちしています。