京都市立病院看護部

メニュー
閉じる

新人教育プログラム

4月


 

1か月の学びの共有

≪1か月の学びの共有の感想より~嬉しかったこと~≫

  ・患者さんから笑顔をほめられた

  ・患者さんからのありがとう

  ・先輩看護師から指導をたくさんしてもらえる

  ・自分でできることが増えている

5月

 患者の状態に合わせた1日スケジュールの立案
・SBARを使用した報告・連絡・相談:医療安全マネージャーから講義
・受け持ち患者の病態・治療を理解した効果的な情報収集方法
・フィジカルアセスメント(測定値が表す意味):急性重症看護専門看護師から講義

6月

・シュミレーション研修

(複数患者の病態・治療を理解したうえで、患者の安全に配慮した看護ケアの優先順位立案)

 ~夜勤に向けての研修~

 研修目的
 *複数患者の病態・治療を理解したうえで、患者の安全に配慮した看護ケアの優先順位ができる
 *立案した優先順位を複数患者の状態に合わせて変化修正することができる

7月

リフレッシュ研修
・大森リゾートキャンプ場でバーベキュー
・情報伝達ゲームで情報を正しく認識し、伝える訓練   
 

8月

・セルフマネジメント:外部講師京都橘大学教授より講義

研修目的
*自分の強み、弱みを知り、強みを発揮した仕事の方法が理解できる
*患者さんに対し、最適な看護を提供できる看護師として成長するために、自己を理解し、主体的に学習する人となることを目指す

≪講義を終えて~こんな看護師になりたい~≫
・患者さん一人一人に合わせた看護が提供できる、笑顔を絶やさず、患者さんに元気を与えられるような看護師になりたい。
・患者さんやその家族の不安を少しでも取り除くことができるよう、同じ立場に立って気持ちに寄り添い、身体面だけでなく精神面もケアでき患者さんとその家族に頼られる看護師になりたい。

9月

シュミレーション研修(急変時の対応):薬剤師、医師からも講義

研修目的
*シュミレーション事例の患者状態変化をアセスメントでき、事例の急変時の病態変化を理解できる
*状態変化時の対応ができ、必要な緊急処置が実践できる
*急変時の対応を振り返り、状況の意味が理解でき、自己の課題が明確化できる

≪学び≫
・急変で焦ってしまうと思うが、患者さんへの信州や苦痛も考えつつ対応していかないといけないと思った
・急変時に6Rを行い確実に効果的に与薬できるように、普段からしっかり行うことが大切
・急変する前に何らかの変化があり、予期せぬ事態を想定できる

11月

患者さんの状態に合わせた看護展開
・病院内の患者を取り巻く背景と自分の立ち位置

≪1年後の患者さんを取り巻く自分の立ち位置のイメージ≫
・チームの一員として多職種と関わりを持ちながら、患者さんの一番近くで患者さんに関われるようになりたい
・患者さんを取り囲むチームの一員として自信をもてるようになりたい
・多職種介入で自分から横のつながりを作れるように発信していきたい
・患者さんもチームの一員であることを忘れていない、全職種でサポートしていきたい。

2月

 

患者さんの状態に合わせた看護展開の事例発表会